« 教員の生きづらさと”希望” | トップページ | 民主党政権は何をなすべきか―― 政治学からの提言 ―― »

2010/02/19

表現者

 髙橋大輔くん、残念だったというか、よかったね。メダルより、何より、自分の最高の演技に挑戦しようというところ。パフォーマーとしての姿は頭が下がる。話題の国母くんとも共通する。アスリートとしての環境の厳しさと同時に、伝統的なフィギアの世界。うーん、きついだろうなあ。

 音楽は「道」だった。大好きな、フェリーニの映画である。アンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナの名演は、何度も見たかなあ。ニーノ・ロータのもの悲しいおどけた曲にのって、髙橋のステップは、光った。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教員の生きづらさと”希望” | トップページ | 民主党政権は何をなすべきか―― 政治学からの提言 ―― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47611573

この記事へのトラックバック一覧です: 表現者:

« 教員の生きづらさと”希望” | トップページ | 民主党政権は何をなすべきか―― 政治学からの提言 ―― »