« 社民・国民新、厚労副大臣と協議決裂 派遣法の規制強化 | トップページ | 育ちあう発達相談――“子どもの発見”を手がかりに »

2010/02/09

高校生ら「お金なくても学校に」 長妻厚労相に訴え

 子どもの貧困をめぐる運動の広がりは、とても注目されると思いますが、ここにきて、与党・政権が、この運動にびっくりするほど大きく注目していることを注視したいと思う。

高校生ら「お金なくても学校に」 長妻厚労相に訴え(共同通信)

 経済的に困窮状態にある定時制の高校生らが9日、国会内で長妻昭厚生労働相や高井美穂文部科学政務官と面会。来年度からの高校授業料の実質無償化を前に「本年度中も、授業料滞納で卒業できない高校生が出ないようにして」と訴えた。
 市民団体「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク準備会の企画。埼玉県内の定時制高校の女子生徒は「学ぶことは人として生きていくために大切な過程。お金がなくても学校に行けるような社会にしてほしい」と涙声で話した。
 …長妻厚労相は「仲間と一緒に勉強していたのに、卒業できないことは起こってはならない」と述べ、対策に力を入れる姿勢を示した。

 もちろん、政権の立て直しだとか、いろいろな思惑があるのだろうけれども、大事なことは、いまの政治は、こうした「格差と貧困」の問題に向き合わないと、政権として、国民の支持を獲得することはできないし、だからこそ、いろいろ、ふらふらすることがあるとしても、だからこそ運動の意味や役割がとても大きくなっているということ。
 もちろん、どんな対策がとられるかは未知数だし、安心できないような状況がある。だからこそ、いま、もっともっと大きな運動を政権にぶつけることが大事だということなのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 社民・国民新、厚労副大臣と協議決裂 派遣法の規制強化 | トップページ | 育ちあう発達相談――“子どもの発見”を手がかりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47526691

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生ら「お金なくても学校に」 長妻厚労相に訴え:

« 社民・国民新、厚労副大臣と協議決裂 派遣法の規制強化 | トップページ | 育ちあう発達相談――“子どもの発見”を手がかりに »