« 愛を読むひと | トップページ | 近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 »

2010/01/24

移設反対の稲嶺氏が当選確実 名護市長選

 とにかく、よかったです。ホッとしました。

移設反対の稲嶺氏が当選確実 名護市長選(沖縄タイムス)

 任期満了に伴う名護市長選挙は24日投開票され、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する新人の稲嶺進氏(64)=無所属、社民、共産、社大、民主、国民新、政党そうぞう推薦=が、移設を条件付きで容認してきた現職の島袋吉和氏(63)=無所属、自民、公明支持=を破り、当選することが確実になった。
 5月末までに移設先を決定する鳩山内閣にとって、日米合意された同計画の選択は極めて困難となった。

 さて、22日の衆院予算委員会での、赤嶺議員の沖縄米軍基地問題についての質問は圧巻でした。沖縄の状況や基地の歴史を示しながら、「基地無条件撤去こそ解決の道、沖縄県民の総意受け止めよ」と迫った。おもしろかったのが、鳩山首相が05年国会で、国会の委員会での沖縄での調査をふまえ「普天間基地については、辺野古沖が事実上不可能になった今、代替施設なき返還をアメリカに求めるべきであります」とのべていたことを、明らかにして、追及したこと。
 くわしくはここを見てください。ぜひ。

 さて、沖縄問題は、新しい段階に入ることになります。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 愛を読むひと | トップページ | 近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47382326

この記事へのトラックバック一覧です: 移設反対の稲嶺氏が当選確実 名護市長選:

« 愛を読むひと | トップページ | 近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 »