« 政治主導確立法案、政府が概要提示 | トップページ | 「国会法」改悪許すな! 1・14学習決起集会 »

2010/01/14

民間人死者、最悪の2412人=09年のアフガン国連報告

 ハイチの地震のニュースも気になりますが、こんなニュースもありました。

民間人死者、最悪の2412人=09年のアフガン国連報告(時事通信)

 国連アフガニスタン支援団(UNAMA)が13日明らかにした報告書によると、アフガンでの紛争に絡んだ民間人の死者は2009年の1年間で2412人と、01年のタリバン政権崩壊後、年間の死者数としては最悪だった。AFP通信が伝えた。死者の約70%はタリバンなど反政府勢力の攻撃による犠牲者だという。

 なかでも子どもの被害が多いという。戦争の被害は、確実に拡大している。
 さらに問題は、その戦争の実相だ。
 先日、アフガンから帰ってきた森住さんがつぎのような報告をしている

 「私の通訳の友人がアフガン国軍に入ったが、最近イランに逃げたという。
 以下、友人の話だ。
 米軍とタリバン掃討作戦中に戦闘になった。アフガン軍が前面に出て米軍が背後から支援する、これが通常の戦闘パターンだった。ところが米軍ヘリが飛んできて、アフガン軍の頭上を飛び越え、タリバンの背後に米軍ヘリが着陸した。そして武器をタリバンに渡していたという。なんと米軍がタリバンを援助していたのだ。こんな軍隊にいられないと軍を脱走してイランに逃げたというのだ。
 こんな話を聞いていると、泥沼から抜け出したいアメリカは腐敗しきって国民から見放されたカルザイ現政権に見切りをつけ、タリバンも含めた和解の方向を探り始めたようだ。
 敵にしたり味方にしたりアメリカは本当にご都合主義でアフガンの事なんか一度も考えたことがないんじゃないか。」

 ほかにもタリバン兵を、アメリカが輸送しているとかいう話もあったそうだ。
 ここには戦争の大義はない。なのに、増派はくり返される。
 インド洋から引き上げた日本への、信頼はふたたぶ復活しているという話もある。ならば、日本が彼の地ではたす役割というものが、まだあるということなのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 政治主導確立法案、政府が概要提示 | トップページ | 「国会法」改悪許すな! 1・14学習決起集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47288516

この記事へのトラックバック一覧です: 民間人死者、最悪の2412人=09年のアフガン国連報告:

« 政治主導確立法案、政府が概要提示 | トップページ | 「国会法」改悪許すな! 1・14学習決起集会 »