« 公設派遣村 都知事の終了方針に怒り 「再起図る矢先」 まじめに生きようとしていること理解を | トップページ | 「こうなるはず」は通じない »

2010/01/10

徴収金の滞納、生徒にバイト勧めて回収 鳥取の県立高校

 数日前に、朝日新聞に載っていた記事にいろいろ考えさせられた。

徴収金の滞納、生徒にバイト勧めて回収 鳥取の県立高校(朝日新聞)

 鳥取県の県立高校が、当時在学していた2年生の女子生徒の通帳とキャッシュカードを半年間預かり、振り込まれたアルバイト代を引き出して、教材や修学旅行などの費用にする「学校徴収金」に充てていたことが分かった。徴収金の滞納が続いたため、学校側が保護者に提案していた。同校の校長は「不用意だった」と釈明。女子生徒はその後退学している。
 元生徒の父母や学校側の説明によると、元生徒は両親ときょうだい4人の7人暮らし。主に父親が夜間警備の仕事で得る毎月約11万円で生活しているという。
 元生徒は2007年4月に高校に入学。授業料や徴収金の滞納が続いたため、学校側は原則禁止しているアルバイトを勧め、元生徒は08年3月からコンビニで働き始めた。その後に授業料は減免されたが、学校徴収金は最高で約8万円余り滞納していた。
 学校側は08年9月、元生徒や父母に対し、元生徒のアルバイト代が振り込まれる郵便局の通帳とキャッシュカードを預かることを提案。母親が学校側に渡した。08年9月以降数回、元生徒が担任教諭と一緒に郵便局に出向くなどしてアルバイト代を引き出し、計約7万円余りを学校側に支払った。暗証番号は聞かなかったため、元生徒を同伴する必要があったという。 …

 たしかに学校の対応は不用意だし、子どもの悲しみ、親の怒りは察してあまりある。そのことは、そうなのだが、ほんとうに問われるべきは、教育行政のありようであり、政治のあり方である。

 ボクが知りたいのは、では学校では、どのような議論がなされたのかということだ。
 実は、そのことの是非は別として、このような対応をしている学校は、少なくはないと思う。NHKのテレビでも、関西の高校で、貧困にある高校生への支援として、このような対応が紹介されていたように思う。
 とくに徴収金の場合は、行政から支援がなければ、学校は、他の生徒からの徴収金でやりくりすることが求められる。では、そのとき学校では、どんな議論をしたのか?

 もし、求められるがままに、何の議論もなく、このような対応がされたのなら、いまの教育政策のもとでの学校の病魔は深い。そのことを、かなり絶望的な気持ちで考える。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 公設派遣村 都知事の終了方針に怒り 「再起図る矢先」 まじめに生きようとしていること理解を | トップページ | 「こうなるはず」は通じない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47258552

この記事へのトラックバック一覧です: 徴収金の滞納、生徒にバイト勧めて回収 鳥取の県立高校:

« 公設派遣村 都知事の終了方針に怒り 「再起図る矢先」 まじめに生きようとしていること理解を | トップページ | 「こうなるはず」は通じない »