« 障害者:定義見直し 「社会の制約」考慮、あす初会合――政府 | トップページ | 現代日本と沖縄 »

2010/01/12

剣岳 点の記

20090621002459 見逃していた映画を、DVDで見る。ことしやっと一本目かな。舞台は、相方の故郷でもあるし。
 物語は、明治時代末期、陸軍参謀本部陸地測量部が北アルプス・立山連峰でおこなった山岳測量を題材に、日本地図を完成させるために、もっとも困難な剣岳の登頂にのぞんだ話。実際に、山の上にカメラを運んでの撮影で、映画そのものが、「苦行」のようなできになっている。映像はただただ美しい。ストーリーも抑揚なく、淡々とすすむが、ただただ真摯でなもの。キャストも、浅野忠信も香川照之もいい。個人的にはとても惹かれる内容の映画でした。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 障害者:定義見直し 「社会の制約」考慮、あす初会合――政府 | トップページ | 現代日本と沖縄 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剣岳 点の記:

« 障害者:定義見直し 「社会の制約」考慮、あす初会合――政府 | トップページ | 現代日本と沖縄 »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31