« 小沢幹事長が続投表明 検察と全面対決、「断固として戦う決意」 | トップページ | 15年目の1・17 »

2010/01/16

教育費負担のとてつもない重さ

 土佐のまつりごと>さんのブログで、教育費についての2つの調査を知る。先輩、ありがとうございます。

 1つは、日本政策金融公庫が昨年11月13日に発表した教育費負担の調査。もう1つは Benesse 教育研究開発センターの教育費負担の調査

 ただ、これは平均値である。自分自身の実感や、実際は、これよりもはるかに負担は大きい。うちのように共働きで、一定の収入がある層は、かなり高いと思う。ここ数年の実態としては、年間500万ほどかかっている。
 調査の後者は、学校外の教育費負担だけれど、これもそう。

 べつに、自分の子どもを、「勝ち組」にしたと思わない。むしろ、いい経験をしてほしいと思う。でも、何か学ぼうとしたら、何か経験をしようとしたら、それが個人の資産に依拠せざるをえないのがいまの社会の現状か。

 どうも救いがない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 小沢幹事長が続投表明 検察と全面対決、「断固として戦う決意」 | トップページ | 15年目の1・17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47313117

この記事へのトラックバック一覧です: 教育費負担のとてつもない重さ:

»  クラブ活動には体操服を [政治]
いつも思うのですが、学校の運動部というのはどうして学校の体操服を着て活動し ないのでしょうか。勿論体操服では無理なスポーツもあるのでそれは仕方ないので すが、サッカー、バスケット、バレーボール、卓球など体操服でも十分出来るスポー ツは沢山有ると思います。今は格差社会と呼ばれる貧富の差が開いてしまった社会 です。これでは貧しい者はスポーツも出来ないなどという事にもなりかねないと思い ます。あらゆる子供がスポーツを楽しめる社会とする為にも学校ではなるべくその学 校の体操服でクラブ活動すべきだと思います... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 06:29

« 小沢幹事長が続投表明 検察と全面対決、「断固として戦う決意」 | トップページ | 15年目の1・17 »