« 学童保育『国が守って』 『子ども手当』で補助金ピンチ | トップページ | 深夜ドラマ »

2009/12/10

普天間グアム移設 本当は可能? 波紋広げる米軍アセス草案

 今日の新聞でおもしろかったのは、「東京新聞」の特報欄。

普天間グアム移設 本当は可能? 波紋広げる米軍アセス草案(東京新聞)

 普天間移設問題が混迷の様相を見せ始める中、グアムを訪問中の北沢俊美防衛相は九日、「日米合意から大きく外れる」と海外移設の可能性をあらためて否定した。一方で、地元・沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の伊波(いは)洋一市長は同日、ある米軍公式文書を片手に防衛省、内閣府、外務省などを説明に回った。この文書こそが「グアム移設も可能」の論拠だというのだが-。…

 伊波さんが持って歩いた文書は、宜野湾市のHPにある。それがこれ

 つまり、米軍のアセスでは、海兵隊のグアム移転は、司令部だけではなくヘリ部隊も対象となっていたということなのだ。これは軍事整合性はある。
 が、軍事ジャーナリストと、その後事情が変わったという。それは、訓練に支障が出たという話なのだ。ここで、支障とはということで、疑問がおこる。実は、沖縄というのは狭い場所なので、訓練に必ずしも適しているわけではないと一般的に言われている。ではなぜそれでも沖縄なのか。それは沖縄の訓練には制限がないということだ。ヨーロッパの米軍基地など、訓練は1日1時間とかものすごい制限の協定がむすばれている。グアムでも、そういう制限があるのかしらと疑う。いずれにしろ、この無制限という事態が、沖縄のものすごい事態を生んでいる。ボクも何度か沖縄に行ったけれども、騒音だけでも尋常ではない。それが、安保条約の実態である。

 でもまあ、伊波さんには4度ほどお会いしたことがあるが、すごい人だなあといつも思う。その知識や、市としての取り組みは半端なものではない。

 いずれにしても、北沢さんの言い分なんて、ほとんど根拠はない。米軍基地の問題はほとんど米軍の事情、アメリカの事情に由来する。だからこそ、「基地撤去」という主張こそが、本筋であり、ここが揺らぐと、問題がややこしくなる。
 沖縄の、この怒りにボクらも同じように連帯するべきだと思う。鳩山さんは、先送りをするが、きっぱりとアメリカに物事をいう態度では残念だがいまだに立っていない。たたかいは正念場であり、帰趨はボクら自身のたたかいにある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学童保育『国が守って』 『子ども手当』で補助金ピンチ | トップページ | 深夜ドラマ »

コメント

御無沙汰です。
この話はかなり普天間問題では決定的な話だと思います。
東京新聞が初めて取り上げたのではないでしょうkか?
関連記事を書いていますので連絡します。

投稿: 大津留公彦 | 2009/12/11 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46989607

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間グアム移設 本当は可能? 波紋広げる米軍アセス草案:

» 「海兵隊は辺野古ではなくグアムへ返せる!」という [大津留公彦のブログ2]
伊波洋一宜野湾市長の調査ではそもそもアメリカの本音は海兵隊をグアムに移したいようだ。  だが思いやり予算が付いた新基地をタダで作ってくれるというのにわざわざ断ることはないというのがアメリカのスタンスだ。... [続きを読む]

受信: 2009/12/11 01:31

« 学童保育『国が守って』 『子ども手当』で補助金ピンチ | トップページ | 深夜ドラマ »