« 92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮 | トップページ | 普天間、国外移設を否定=「抑止力の点でグアム無理」-鳩山首相 »

2009/12/26

大臣 増補版

Htbookcoverimage 菅副総理の著作の改訂版を興味深く読んだ。最近、菅さん、目立たないと思ったら、こんなことやってたの。

 さて、一番の特徴は、菅さんの、官僚主導から政治主導という主張。全編、「国会内閣制」にふさわしい、政と官の関係をつくるということにそそがれる。結局は、議会で多数を握る政党の独裁ということにならざるをえない。国民主権ということを繰り返しいうが、その国民の参加は、ここでは選挙ということしかない。これは、彼の3権分立批判の言説など、一貫した立場。小沢さんの国会改革とは、少し違うが、共通した性格があるということだろうか。菅さんは、官僚は、国民を統治の対象とした見ていないというが、ボクには、菅さんの視点は、官僚とある意味では共通しているように見えるのだ。

 おもしろいのは、官僚制をくつがえした国家構想がまったくないということだ。結局、菅さんは、ほかの民主党の新自由主義派と親和的に、そういう方向を選択せざるをえなくということなのだと思う。
 今日、NHKで、民主党政権の特集番組をやっていたけれど、菅さんのもとにいる、古川副大臣の主張は、結局は、新自由主義への回帰だろう。
 もちろん、個々には、政治のありようとして、いろいろ考えさせられる主張もある。が、全体として、危うさだけがうきぼりになる一冊であった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮 | トップページ | 普天間、国外移設を否定=「抑止力の点でグアム無理」-鳩山首相 »

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大臣 増補版:

« 92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮 | トップページ | 普天間、国外移設を否定=「抑止力の点でグアム無理」-鳩山首相 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31