« 今年の自殺者12年連続3万人超 12月残し大台に | トップページ | 大臣 増補版 »

2009/12/25

92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮

 いよいよ予算案が決定しましたね。いろいろ、勉強しなければいけません。

92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮(朝日新聞)

 鳩山政権は25日、2010年度政府予算案を閣議で決定した。「コンクリートから人へ」を掲げ、公共事業の削減率を過去最大とする一方、社会保障は手厚く配分した。一般会計総額は92兆2992億円と過去最大に膨らむなか、予算の組み替えは進まず、借金頼みが加速。マニフェスト(政権公約)関連予算も圧縮を迫られた。
 「コンクリート」の代表格である公共事業費は09年度当初比18.3%減の5兆7731億円と1978年以来の6兆円割れ。削減率は小泉政権下の02年度当初予算の10.7%をはるかにしのぐ。道路や港湾は25%も削減した。
 一方、「人」に関連する社会保障費は同9.8%増の27兆2686億円と急拡大した。中学生以下の子ども1人あたり月2万6千円(10年度は半額)を支給する子ども手当に国費1.7兆円も計上。医師不足対策として診療報酬も0.19%と10年ぶりにアップ。年金や介護、雇用のための予算も増えた。
 この結果、社会保障費は、各省庁が政策に使う一般歳出(53兆4542億円)の半分を初めて超えた。高校の実質無償化の費用増で文教費も同8.2%増の4兆2538億円に急増した。 …

 鳩山政権の矛盾的な性格というか、過渡期性というものが現れていると言えばいいのでしょうか。世論と運動を背景にしたさまざまな人たちの努力も見えるし、一方で、その限界も大きく見えます。なかなか、議論のしがいのある予算ということでしょうか。なかなか、大きな予算の組み替えに踏み出さない。ここまで軍事費や大企業の負担は聖域なのでしょうかね。

 とりあえずの感想です。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 今年の自殺者12年連続3万人超 12月残し大台に | トップページ | 大臣 増補版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47115421

この記事へのトラックバック一覧です: 92.3兆円の政府予算案決定 人を重視、公共事業圧縮:

« 今年の自殺者12年連続3万人超 12月残し大台に | トップページ | 大臣 増補版 »