« 東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る | トップページ | あけおめ2010 »

2009/12/31

普天間の継続使用案が浮上 ヘリ訓練を離島に移転

 鳩山さんが、弱気になったかなと思えば、小沢さんが強く出てきたり。この問題は、今年、最後の最後まで目が離せなかったですよね。でも、最後の最後まで、沖縄の立場に立った発言はなされなかった。

普天間の継続使用案が浮上 ヘリ訓練を離島に移転(朝日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、普天間を拠点とするヘリコプターの訓練の一部を同県内の離島に移転したうえで、普天間の継続使用を容認する案が30日、鳩山政権内で浮上した。住宅密集地にある普天間の危険軽減策を米側に求め、県外・国外移設を主張する沖縄県民の理解も得るという考え。訓練移転先には、伊江島(同県伊江村)や下地島(同県宮古島市)が検討されている。
 こうした案が浮上した背景には、2006年の日米合意に基づく同県名護市辺野古への移設は実現が難しく、民主党の小沢一郎幹事長も難色を示していることや、期限とする来年5月までに新たな移設先を決められる見通しが低いことがある。日米合意の早期履行を求める米側も、普天間の継続使用なら受け入れる可能性がある。
 伊江、下地両島について、北沢俊美防衛相は30日、「地理的な問題やキャパシティー(受け入れ能力)の問題がある」と述べ、普天間移設先としては難点があると指摘。一方で「どういう役割をそういう島が担えるかだ」として、訓練移転先にはなり得るとの考えを示した。県外・国外移設を主張する社民党の福島瑞穂党首も同日、「提案が出ているわけだから、それも含めて検討する」と語った。 …

 下地島は、返還のさいに、軍事目的に使わないと、日本政府と当時の屋良主席が覚え書きをかわしたというのは有名な話。なぜ、そんな覚え書きかというのにも、沖縄の歴史がある。そんなことも無視して、好きな議論をするという神経もよくわからない。
 さて、来年は?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る | トップページ | あけおめ2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47163382

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間の継続使用案が浮上 ヘリ訓練を離島に移転:

« 東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る | トップページ | あけおめ2010 »