« 仕事納め | トップページ | 韓国人4727人、戦時の年金記録確認 支援金支給に光 »

2009/12/29

公立小中学校など2800棟、耐震化工事先送り

 ちょっと予算の見方がよくわかりません。いろいろな分析が必要なようですね。そんなことを感じさせる記事です。

公立小中学校など2800棟、耐震化工事先送り 来年度 高校無償化で予算削減(読売新聞)

 大地震で倒壊の恐れがあるとして、全国の自治体が来年度中に着工予定だった公立小中学校など約5000棟の耐震化工事について、文部科学省の関連予算が約63%削減されたことがわかった。
 2800棟に相当する規模という。学校の耐震化は国が最大3分の2を補助してきたが、鳩山政権が掲げた「高校授業料の実質無償化」で約3933億円の予算が必要となり、しわ寄せを受ける形になった。
 文科省によると、自治体側からの要望があった約5000の学校施設の耐震化工事の関連予算は、約2775億円。自治体からの要望を審査し、使途を限定した補助金として交付する。毎年ほぼ満額が認められており、今年度は約3800億円が投じられた。だが、政権交代後は高校無償化予算を工面する必要から、政務三役らによる協議や11月の事業仕分けを経て、25日に閣議決定された政府予算案では約1032億円に圧縮された。…

 文部科学省関連予算はこれです。

 なかなか厳しい内容です。子どもの命という点でも、防災のあり方という点でも。しっかり、分析が必要なようですね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 仕事納め | トップページ | 韓国人4727人、戦時の年金記録確認 支援金支給に光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47149227

この記事へのトラックバック一覧です: 公立小中学校など2800棟、耐震化工事先送り:

« 仕事納め | トップページ | 韓国人4727人、戦時の年金記録確認 支援金支給に光 »