« 光市事件巡る発言、橋下氏の審査議決…大阪弁護士会 | トップページ | どうなる「ワンストップサービス」――岩盤を穿つ »

2009/12/01

問題行動調査:キレる子ら、戸惑う学校 暴力6万件、警察通報も積極的に

 昨日、このニュースをネットで見て、新聞はどのように報道するのかが気になっていたけれども、今朝の朝刊を見て、驚いた。

問題行動調査:キレる子ら、戸惑う学校 暴力6万件、警察通報も積極的に(毎日新聞)

 ささいなことでキレて教師に手をあげる子供たち。学校現場が児童・生徒の暴力に頭を悩ませる。文部科学省が30日発表した08年度の小中高校での暴力行為は約6万件に上った。現場からはかつての「校内暴力」よりも「指導が困難」という声が漏れる。…

 朝日などがたぶん典型だけれども、全体として子どもそのものを問題視する.たしかに子どもには変化がある。でも、それは、ものすごく力を感じさせてくれるような変化と、そして彼ら彼女らをとりまく厳しさがある。だから課題も多い。その背景をみることぬきに、子どもが理解できるのだろうか。競争の異常な変容と展開。評価の肥大化と、彼ら彼女らを縁辺化するような文化。そして、貧困。そのなかで、彼ら彼女らの声は届いているのか。いや、彼ら彼女らが安心して語れるような環境がつくられているのか。そのことを抜きに、コミニュケーションの力、表現の力が落ちているといっても、どんな意味があるのだろうか?
 では、子どもの抑鬱をどう見るのだろうか。

 実際の政策的な対応でも、子どもを取り締まるような視線が強まっているようにも思えるのが気になる。
 実態にはまったくあっていないと思う。

 実際のデータはここ

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 光市事件巡る発言、橋下氏の審査議決…大阪弁護士会 | トップページ | どうなる「ワンストップサービス」――岩盤を穿つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46912917

この記事へのトラックバック一覧です: 問題行動調査:キレる子ら、戸惑う学校 暴力6万件、警察通報も積極的に:

« 光市事件巡る発言、橋下氏の審査議決…大阪弁護士会 | トップページ | どうなる「ワンストップサービス」――岩盤を穿つ »