« 日露戦争と「天皇の軍隊」――「坂の上の雲」が語らない真実 | トップページ | 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡 第1回 1993~1995 “政権交代” 誕生と崩壊の舞台裏 »

2009/11/01

普天間飛行場移設先「県外」が最高点 米軍、96年に比較

 ほんとうに沖縄に海兵隊のあの基地がある必要があるのか。いろいろな取材があるが、ここの関係者の発言やときどきの調査などを見ると、その根拠はかなりあやしいことも事実である。

普天間飛行場移設先「県外」が最高点 米軍、96年に比較(琉球新報)

普天間飛行場の嘉手納統合の影響試算
 在日米軍作戦部(J3)が日米特別行動委員会(SACO)協議中の1996年7月、米軍普天間飛行場の嘉手納基地統合の調査研究の一環で、県外の自衛隊基地や米軍キャンプ・シュワブへの移設を含む4案を検討、航空機運用の観点から滑走路の長さや、駐機場の確保の優位性で県外基地を最高点と結論づけていたことが、琉球新報が入手した米軍による嘉手納統合案の技術評価書で31日までに分かった。
 …評価書は最初に、嘉手納基地統合の可能性を検討。安全性や運用の問題点から嘉手納基地に統合すべきではないと結論づけた。
 その上で、嘉手納統合に替わる選択肢として(1)嘉手納弾薬庫地区内への滑走路・施設新設(2)キャンプ・シュワブへの新たな軍民共用空港(3)普天間飛行場機能の伊江島移転(4)有事の際の県外自衛隊基地への海兵隊ヘリの移駐―の4案を検討した。
 評価基準は(1)約1600メートルの滑走路(2)28万平方メートルの駐機場など(3)格納庫や整備施設(4)事故や火災などの救難装備(5)民間機やほかの軍用機からの安全性確保―の5項目で評価した。
 県外自衛隊基地は、すべての項目で条件を満たして最高位。ただ、現在は自衛隊基地で有事での共同使用は合意されていないとして実現の可能性に言及していない。…

 この時期には、北海道への移設なども検討されていたということも言われているし、ほかの候補なども、いくつか議論はあったようだ。
 ちなみに、嘉手納基地への移設は運用上問題があると言われていて、この調査でもそのことがかかれているようだけれども、グアムのアンダーソン基地では、空軍の戦闘機と、海兵隊のヘリが同居する計画である。つまり、その根拠も怪しい。
 結局は、政治の駆け引きが主たる問題なのかもしれない。
 だから、政治の責任が大きいということなのだろうか。
 沖縄の米軍基地をめぐる、軍事論は、少し勉強しなければいけないのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日露戦争と「天皇の軍隊」――「坂の上の雲」が語らない真実 | トップページ | 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡 第1回 1993~1995 “政権交代” 誕生と崩壊の舞台裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46648833

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間飛行場移設先「県外」が最高点 米軍、96年に比較:

« 日露戦争と「天皇の軍隊」――「坂の上の雲」が語らない真実 | トップページ | 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡 第1回 1993~1995 “政権交代” 誕生と崩壊の舞台裏 »