« 高卒就職内定率、13ポイント低下=37%、過去最大の下落-厚労省 | トップページ | これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか »

2009/11/05

日米同盟と米軍基地をめぐるドグマ

 どうも仕事の整理が自分でもつかなくなって、やや混乱状況でもある。体の方もちょっと忙しさについていけないでいる。うーん、大変だと、焦ってばかり。家のほうでも、いろいろ対応しなくてはならないことが多い。イライラしているなあ。

 さて、今朝の朝日で、船橋洋一主筆のコラムが掲載されていた。普天間問題にかかわって、先日、キャンベルがやってきたときに、日本側にしめした資料の冒頭に、安保条約の第6条が書かれていたというのだ。6条というのは、「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される」というもの。
 実は、日米安保は他の条約と違って、基地貸与条約という特別の性格がある。対等な日米関係といっても、いざ基地の問題となったとき、特別の従属性が最初から存在しているという問題がある。基地問題を議論する限り、この安保条約の条文につきあたざるをえないというのは、道理がある。

 ところが、船橋さんの文章は、その問題にはせまらない。むしろ現在の日米関係の安定ということだけを追い求める。
 もちろん、昨日紹介した『砂上の同盟』の著者なども主張するように、基地問題をとって安保=悪という議論は不毛だという議論も、 ありうるとは思う。ただ、ボクは個人的には、この安保の問題は結局は避けられない問題だとは思うのだけれど、それはあえて横に置いて、基地問題だけを取り上げたとしても、船橋さんをはじめ、メディアはふれない問題があるようにも思う。
 その1つが、では、沖縄にある基地は、ほんとうに日本を守るために必要なのかという問題だ。海兵隊という攻めるための軍隊を置いている理由を、抑止力という。それは、ほんとうに抑止力になっているのか? もちろんボクはこの抑止力という考え方から離れることこそが平和への道だと思うが、それをあえて横に置いても、沖縄の部隊は張り子の虎なのではないかという議論は、説得力はある。
 もう1つは、沖縄の軍隊は、何のためにあるのかという問題。MEU31という部隊は、あくまでも、前線展開の部隊だ。(ここに抑止力にはならないという議論の根拠にもなるのだけれども)。

 結局、沖縄の基地をめぐる議論は、実態をはなれてドグマだけが専攻しているようにしか思えない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 高卒就職内定率、13ポイント低下=37%、過去最大の下落-厚労省 | トップページ | これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46685062

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟と米軍基地をめぐるドグマ:

« 高卒就職内定率、13ポイント低下=37%、過去最大の下落-厚労省 | トップページ | これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか »