« ひとり親家庭の貧困率54% OECD「最下位」の水準 | トップページ | 完全失業率 「改善」のからくり 実態は失業率1割超? »

2009/11/13

「日米同盟を深化」温暖化・核などで共同文書 首脳会談

 オバマさんが日本にやってきましたね。焦点の普天間問題は、先送りということですが、いろいろ興味深い議論もないわけではありません。

「日米同盟を深化」温暖化・核などで共同文書 首脳会談(朝日新聞)

 オバマ米大統領が13日初来日し、同日夜に鳩山由紀夫首相と首相官邸で首脳会談を行った。両首脳は終了後の共同記者会見で、気候変動とクリーン・エネルギー技術協力、核軍縮に関する3本の共同文書を発表し、「日米同盟の深化」をアピールした。首相は懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、早期に結論を得たいとの考えを伝えた。 …
 首相は会談で、日米同盟について「日本外交にとってすべての礎だ。同盟をさらに深化、発展させていきたい。建設的で未来志向の日米同盟をつくりあげていきたい」と提起。両首脳は、来年の日米安保50周年に向け、同盟深化のための新たな協議プロセスを立ち上げることで合意した。安全保障面だけでなく、防災、医療、環境などの分野で協力強化を図る考えだ。
 普天間問題をめぐっては、首相が閣僚級の作業グループを設置したことを取り上げ、「できるだけ早く結論を出していく」と表明した。日米合意の重要性を確認する一方で、首相が総選挙中に県外、国外移設を訴えた経緯を説明し、検証作業に理解を求めた。大統領は会見で、「日米は対等なパートナーであり、米軍再編の問題でも反映されている。この作業を迅速に終わらせたい」と述べた。 …

 新しい日米同盟の形がめざされているわけで、これが新しい安保の再定義につながっていくということなのでしょうか。それだけによくみておく必要があるのだろうなとは思いますが。
 鳩山さんは、普天間問題ではこういっている。「米軍普天間飛行場移設に関する作業グループを設置し、できるだけ早い時期に解決する。日米合意を重く受け止めている。ただ衆院選で「(移転先は)県外、国外」とも申し上げた。沖縄の期待感は強まっており、困難を伴う問題だ」。なぜ、基地撤去なり、県外・国外移設をすすめることをアメリカに対してはっきり交渉できないのかなあと思ってしまう。はたして、協議機関で、どれだけの交渉ができるのか? もっともアメリカ側は交渉とは言っていないが。

岡田外相が15日から沖縄訪問=普天間移設で意見聴取(時事通信)

 岡田克也外相は13日午後の記者会見で、15、16両日に沖縄県を訪問すると発表した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設について、仲井真弘多知事ら地元首長と会談する。
 外相は同飛行場を米軍嘉手納基地(嘉手納町など)と統合する案を模索しているが、地元の意見聴取が訪問の目的としている。 
 外相は15日に那覇市で仲井真知事と会談後、現行計画で移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)を視察。島袋吉和名護市長らと意見交換する。16日には普天間飛行場と嘉手納基地を視察し、宮城篤実嘉手納町長ら関係自治体の首長から意見を聴く。

 岡田さんには、あなたの仕事は、いかにアメリカとの交渉をすすめるかにあることを肝に銘じて欲しいと思うのだけれど。100歩ゆずって、米軍の軍事力が抑止力になるという立場に立ったとしても、沖縄の基地の現状は、ほんとうに抑止力となっているのか? その抑止力のために、いまのような沖縄の基地の現状が必要だとは考えないというのが、沖縄の総意である。政治的な立場を大きく越えて、いま基地撤去への大きなうねりがつくられているということははっきり認識した方がいい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ひとり親家庭の貧困率54% OECD「最下位」の水準 | トップページ | 完全失業率 「改善」のからくり 実態は失業率1割超? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46755210

この記事へのトラックバック一覧です: 「日米同盟を深化」温暖化・核などで共同文書 首脳会談:

« ひとり親家庭の貧困率54% OECD「最下位」の水準 | トップページ | 完全失業率 「改善」のからくり 実態は失業率1割超? »