« 日米、普天間作業グループで合意 着地点なお見えず | トップページ | 落ち込む… »

2009/11/11

事業仕分け…

 事業仕分けというものが話題を呼んでいる。このブログのアクセスも、このワードの検索によるアクセスが、ここ数日多いようだ。

 インターネットも含め公開され、関心はすごく高い。税金の無駄遣いをなくしてほしいという国民の強い願いの反映だと思う。こういうことを公開でおこなうということそのものは、一面としては大事なことではあるとは思う。

 ただ、取り上げられている項目をざっとみても、その進め方をニュースでみても、ずいぶん乱暴である。一見して、これは無駄っぽいなあというものもあれば、それはそれで、こういう事業がおこなわれるようになったのは、たぶんさまざまな理由があるんだろうなと思えるようなものまで、いろいろある。それを一緒くたにしていることそのものも、乱暴だけれど、一律に、1時間で結論というのもいかがなものだろうか。仕分け人なる人の人選だって、なぜこういう人なのかというのもよく分からないし、事業によってはかなり専門的な分析が必要なものもある。そういう専門的な立場からの議論の余地はどう考えてもほとんどない。どれだけ、現場の人間、関係する人々(その事業により権利が保障されているような人)の意見を聞いているのかも疑問である。となると、予算編成に向けたセレモニーだと言われてもしかたがない。

 ただ、大きく政治の枠組みを変えるときには、国民の前に、ものごとを提示して、議論するということ以外に方法がないことは事実でもある。だからこそ、この議論は、よく監視をすることが必要になっているということなのだと思うけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日米、普天間作業グループで合意 着地点なお見えず | トップページ | 落ち込む… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46739112

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け…:

« 日米、普天間作業グループで合意 着地点なお見えず | トップページ | 落ち込む… »