« これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか | トップページ | 保育学会の緊急声明 »

2009/11/06

「ビラ配布逮捕」に警鐘 日弁連 表現の自由考えるシンポ

 今日は、午前中は会議。午後からは、インタビューの作業だけれども、なかなか集中してすすまない。困った…。

「ビラ配布逮捕」に警鐘 日弁連 表現の自由考えるシンポ

 日本弁護士連合会の第52回人権擁護大会が5日から2日間の日程で、和歌山市内で始まりました。5日は三つのシンポジウムが催され、「いま表現の自由と知る権利を考える」をテーマにした第1分科会には全国から弁護士や市民ら約620人が参加。政治的なビラを配布しただけで逮捕・起訴され有罪となる状況を厳しく批判しました。
 人権擁護大会で表現の自由問題を本格的に取り上げたのは初の試みです。基調報告書は、日本共産党のビラを配布して逮捕・起訴された葛飾ビラ配布弾圧事件、国公法弾圧堀越事件、世田谷国公法弾圧事件や市民団体メンバーの自衛隊官舎へのビラ配布で有罪が確定した立川事件などの事例を紹介。「日弁連は(ビラ配布などへの)制約を見過ごすと、表現の自由に対する制約がより拡大しかねないと危惧(きぐ)している」と警鐘を鳴らしています。…

 日弁連の公式のとりくみだから、これはとても重要でもある。日本の法曹の一翼が、政治的立場を超えてこうした問題にとりくんだということである。
 このシンポで報告したのが、立命の市川先生。立命館法学の2007年1号に「自衛隊宿舎へのビラ戸別配布のための立入りと表現の自由 」という論文があった。内容よりも、この人は、阿部さんか、佐藤さんの弟子かなあなどと。そういえば、ボクは学部時代は、阿部さんの授業だったかしら。もっとちゃんと勉強していたら、いまこうやって苦しまなくていいのに、などと、そんなことを思ったり。

 そんなことはどうでもいいのだけれど、まもなく葛飾の事件の最高裁判決がある。

僧侶の判決、30日に再指定=政党ビラ配布事件-最高裁(時事通信)

 共産党のビラを配布するためマンションに立ち入ったとして、住居侵入罪に問われた僧侶荒川庸生被告(62)について、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は6日までに、判決期日を30日に指定した。
 同小法廷は先月19日に判決を言い渡す予定だったが、弁護側の申し立てを受け、期日を取り消していた。二審の結論を見直すのに必要な弁論が開かれていないため、30日の判決では罰金5万円とした東京高裁の逆転有罪判決が確定するとみられる。

 この分野でも流れを変えなければいけない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか | トップページ | 保育学会の緊急声明 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ビラ配布逮捕」に警鐘 日弁連 表現の自由考えるシンポ:

« これで民主党はほんとうに政治を変えるつもりなのか | トップページ | 保育学会の緊急声明 »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31