« 「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」 | トップページ | 変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る »

2009/11/23

いのちの島

 今日も朝から仕事です。疲れた(笑い)。昼過ぎまでは、取材で、それから、出張校正直前の、あわただしい作業です。ちょっと早めに帰って、夜は地域の仕事。
 でも、このドラマはぜひ見たかったので見た。

 舞台は屋久島にある通信制の高校。ここには問題を抱えた、さまざまな年齢の人々がやってくる。仕事にも恋に小挫折した、教師が、そうした生徒たちとどう向き合うのか。
 ドラマそのものは、ちょっとよそ行きというか、展開を急ぎすぎているせいか、はずかしさの感じる言葉が続く。
 でも、もともとの話は、たぶんいろいろなモデルがある話なのだろう、やっぱりいろいろ考えさせられる
 若い人と話しても、抱えているものの多さ、その傷の多さがとても。こうした若者と向き合うということはどうなのだろうか。大人や教師がかわること、人間的なものを回復することなのだと思わされる。

 自分の知っている、すばらしい通信制の先生たちのとりくみなども思い出した。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」 | トップページ | 変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46844748

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの島:

« 「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」 | トップページ | 変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る »