« 年金や健保、未加入は10万余 最悪、景気悪化が背景 | トップページ | 学力テスト体制とは何か―学力テスト・学校統廃合・小中一貫教育 »

2009/10/21

沖縄の漁民“人間魚雷”に 1945年・パラオ 日本軍が動員

 ニュースのクリップですけれども、ちょっとびっくりするような記事なので。

沖縄の漁民“人間魚雷”に 1945年・パラオ 日本軍が動員(琉球新報)

 1945年の第2次世界大戦当時、南太平洋パラオ諸島の激戦地で、爆弾を持ち海底に潜って敵艦に近づき爆破させる「人間魚雷」の特殊部隊に、沖縄の漁民が動員された記録がこのほど見つかった。米軍が日本軍の無線を傍受した記録に記載されており、県公文書館がこのほど米国国立公文書館の米海軍資料から見つけた。専門家は「本土では45年、潜水具を着て敵艦を爆破させる特攻隊・伏龍(ふくりゅう)が本土決戦に備えていたが、その前段となる特殊部隊に、沖縄の漁民が動員されたことを示す資料は初めて」と話している。
 45年4月4日に米軍が傍受した日本軍の無線連絡記録によると「パラオ海上特殊部隊は、敵のCH(駆潜艇)を攻撃したが、その中でも特筆すべきは、3月10日、士官らで構成した人間魚雷部隊による敵駆潜艇5隻に対する攻撃」「爆発1回、死を恐れない泳ぐ兵士による攻撃」とある。敵が受けた打撃は「大規模の被害1、中規模の被害2、死傷者100」と記録されている。
 その上で「戦闘からの教訓」として「動員された士官や一般人の大半は、泳ぎや潜りに長(た)けており、沖縄現地で召集された漁師。…3人に1人は機雷と爆弾を持ち、敵に近づき、それらを爆破させる。彼らはこれに関する集中訓練を受けた。…この『特攻』精神を強化できるよう、彼らは機雷と爆弾(50キロ)を支給している」と記している。…

 究極の、非人間的戦闘は、どのように行われたのか。もっと知りたいと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 年金や健保、未加入は10万余 最悪、景気悪化が背景 | トップページ | 学力テスト体制とは何か―学力テスト・学校統廃合・小中一貫教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46540599

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の漁民“人間魚雷”に 1945年・パラオ 日本軍が動員:

« 年金や健保、未加入は10万余 最悪、景気悪化が背景 | トップページ | 学力テスト体制とは何か―学力テスト・学校統廃合・小中一貫教育 »