« 2009年憲法講座 新しい政権とたたかいの方向 | トップページ | 吉田茂側近がCIAに情報を提供 早大教授が米公文書発見 »

2009/10/03

蓮池さん 実質的な交渉求める

 こんなニュースがあった。

蓮池さん 実質的な交渉求める(NHK)

 北朝鮮による拉致被害者のうち5人が帰国して今月で7年がたちます。その1人、蓮池薫さんが3日、NHKのインタビューに応じ、「残された拉致被害者が帰国できるよう、政府は北朝鮮を動かすための実質的な交渉を進めてほしい」と話しました。
 昭和53年、北朝鮮に拉致された蓮池薫さんは、平成14年の日朝首脳会談の翌月に帰国を果たしました。蓮池さんはことし発表した手記「半島へ、ふたたび」が「新潮ドキュメント賞」を受け、その授賞式で上京したのにあわせてNHKの単独インタビューに応じました。この中で、こう着状態にある拉致問題について、「絶対に動くと思っている。われわれが帰国できたのは北朝鮮なりの目的があったはずで、それは経済的な見返りだったと思う。それが実現されてないまま引き下がるかというと、絶対にそんなことはない」と話しました。そのうえで、政府に対し「日本としての姿勢を見せると同時に、北朝鮮が何を望んでいて、どういう情勢なのかということをしっかり踏まえたうえで交渉をやってほしい。動かない北朝鮮をなんとか動かして、われわれの目的に沿った解決を出していく。並大抵の努力ではないと思いますが、ぜひやってほしい」と求めました。また、拉致問題をめぐる世論について、「国民の関心が薄いと、解決に向けた落としどころが被害者家族が望んでいるところからかけ離れてしまう。国民の皆さんの声というのは、『北に対して強く当たれ』ということだけじゃなくて、『交渉やれよ』『早く進めろよ』というプレッシャーとして国に向けられるべきだと思う」と話しました。蓮池さんは今後、執筆活動を通じて拉致問題の解決を訴えるとともに、日本の人たちが朝鮮半島や東アジアの平和について考えるきっかけ作りにも取り組んでいきたいとしています。

 お兄さんの透さんとはお会いしたことがある。そのお兄さんの話でも、薫さんはいろいろ考えて発言される方だと聞いている。
 これまで、拉致の当事者は、実際にはあまり発言はされなかったし、いまでも、語りきれない話はたくさんあるのだと思う。同時、語ることの難しいような困難や苦しみも体験されたのだと思う。そんなことにたいする想像力がボクらには欠けているのかもしれない。
 今後の、複雑な展開について心配もせざるをえないけれども、少なくとも語り始めた当事者のこの発言の意味は大きいし、ボクらは正面からうけとめて考えるべきなのかもしれないと考えた。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 2009年憲法講座 新しい政権とたたかいの方向 | トップページ | 吉田茂側近がCIAに情報を提供 早大教授が米公文書発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46385674

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池さん 実質的な交渉求める:

« 2009年憲法講座 新しい政権とたたかいの方向 | トップページ | 吉田茂側近がCIAに情報を提供 早大教授が米公文書発見 »