« 貧困支援チームが初会合=「派遣村」再現阻止へ-政府 | トップページ | 橋下大阪府知事ら14人=「地域主権改革」の顧問発令-総務相 »

2009/10/31

赤い文化住宅の初子

Ohta3760 漫画というのは、結構、時代の先端を行く。この話も、中西新太郎さんの論文で紹介されていたのが気になって、読んでみたものだけれど、若者の孤立を描いた「シミズ」や、非正規の若者の不安定を描いた「赤灯えれじい」などもそうだけれど、この作品は、経済的理由で高校進学をあきらめる少女の話だ。単行本ができたのが2003年。でも、こういう貧困の連鎖は、いまでは少なくはない。このぐらいからだろうか、中学の先生から、経済的な理由で自衛隊(生徒)を志望する生徒が出てきた話を聞き始めたのは。

 広島の粗末な文化住宅に住む少女、初子には兄がいる――遊び人の兄しかいない。母は他界し、父は蒸発、自転車も電話もない生活。アルバイトをしてもお金にならず、高校進学はあきらめた。どうにもならない現実の中で、薄幸の少女は淡い恋心を抱く――。十五歳・初子の痛くて甘い小さな恋の物語。広島労働者の苦い青春を描いた『PAINT IT BLUE』も収録。辛酸を舐めながら懸命に生きる人々の姿は感涙必至!

 この話はどこまでも切なかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 貧困支援チームが初会合=「派遣村」再現阻止へ-政府 | トップページ | 橋下大阪府知事ら14人=「地域主権改革」の顧問発令-総務相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46636799

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い文化住宅の初子:

« 貧困支援チームが初会合=「派遣村」再現阻止へ-政府 | トップページ | 橋下大阪府知事ら14人=「地域主権改革」の顧問発令-総務相 »