« 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ | トップページ | 米艦の通航優先し領海を制限 元政府代表証言、核も念頭 »

2009/10/17

『《働くことを学ぶ、支え合って共に生きることを学ぶ》と、その後の取り組み

 夜は、少し遅れて、全進研の表題の学習会へ。
 押しつけられた職場体験をどう組み替えるか。人が、社会に出て生きていくというのは、いろいろな人とつながっていきていくことだということを、とてもわかりやすく授業されている。総合の時間だけではなく、道徳の時間のとりくみも興味深い。そう、道徳ももっと社会性のあるものとして組み替えなければなりません。宮下さんの授業って、魅力的だなあ。いまは授業だけではなく、進路指導主任として、学年?学校?の取り組みとして広げているそうだ。

 若者につながるものとして、おそわることもまた多いような気がした。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ | トップページ | 米艦の通航優先し領海を制限 元政府代表証言、核も念頭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46513064

この記事へのトラックバック一覧です: 『《働くことを学ぶ、支え合って共に生きることを学ぶ》と、その後の取り組み:

« 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ | トップページ | 米艦の通航優先し領海を制限 元政府代表証言、核も念頭 »