« 新防衛大綱1年間先送り 10年度予算編成を優先 | トップページ | 韓国併合100年-植民地支配を問い直す »

2009/10/10

民主議員、核の傘脱却6割が志向 先制不使用87%賛成

 ニュースのクリップ。これもまたおもしろい。

民主議員、核の傘脱却6割が志向 先制不使用87%賛成(東京新聞)

 共同通信社は民主党衆院議員308人を対象にしたアンケートで核問題に関する見解を尋ね、10日までに回答を集計した。米国が日本に提供する「核の傘」について、58・3%が「将来的に脱却を図るべきだ」と回答、「即座に脱却を図るべきだ」の2・8%と合わせ、6割超が核の傘に頼らない安全保障体制を志向する姿勢を表明した。同盟国の米国が、敵の核使用まで自国の核を使わない「先制不使用」政策を採用すべきだとの意見も87・2%に達した。…

 民主党については期待と不安が入り交じる。そのゆえんの一面であろう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 新防衛大綱1年間先送り 10年度予算編成を優先 | トップページ | 韓国併合100年-植民地支配を問い直す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46451267

この記事へのトラックバック一覧です: 民主議員、核の傘脱却6割が志向 先制不使用87%賛成:

« 新防衛大綱1年間先送り 10年度予算編成を優先 | トップページ | 韓国併合100年-植民地支配を問い直す »