« 母子加算の12月満額復活確認 財務、厚労両相が会談 | トップページ | 民主指摘の「ムダ事業」、こっそり概算要求 »

2009/10/23

普天間問題のゆくえは 10月23日の動き

 今日は、印刷工場につめる一日。かなり、疲れました。
 さて、今日は、普天間をめぐって激しい動きがあったようだ。

 まず。

普天間、県内移設で調整=嘉手納統合案検討も表明-岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は23日夕の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「県外という選択肢は事実上考えられない状況だ」と述べ、移設先を沖縄県内に絞って調整する考えを示した。年末の2010年度予算編成までに「できるだけ方向性を出したい」としている。外相は移設先について、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画に沿った案に加え、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案も検討する考えを示した。…

 鳩山首相は、「早く結論が出せればそれに越したことはない。名護市長選の後でなければならないと言っているつもりはない」と述べたという。
 もちろん、閣僚に、いろいろな発言をさせて、政策決定過程を国民に見せるというのは、鳩山さんのやり方で理解できないわけではない。そのぐらい新政権の直面する課題は大きい。それでも、岡田さんの発言は問題だ。ここには沖縄の声はない。十数年日米で協議してきたと言うが、沖縄はもっと長い間苦しんできている。結局、アメリカの強硬な声が、そこからは見いだせる。

外相、普天間の県外移設断念 首相は代替案検討を指示(共同通信)

 岡田克也外相は23日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、民主党がこれまで主張してきた県外、国外移設の方針を断念し、県内移設を検討する考えを表明した。…
 これに関連し、米軍制服組トップのマレン統合参謀本部議長は23日、都内で会見。現行計画以外の移転先では、日本や東アジア地域への十分な安全保障の提供が困難になると強くけん制した。日米間の判断の違いがより明確になった形で、鳩山首相が厳しい判断を迫られるのは必至だ。…

  ルース駐日大使は、「代案という代案がこの12年から20年の間に繰り返し検討されてきたんです」という。アメリカ政府として、もはや実現可能な案はないと考えている、と。「新政権には政策を見直す権利があるが、事態はすでに動き出している。大事なのは米軍再編のロードマップを遅れることなく実行することだ」

普天間、県外移設を追求=与党議連(時事通信)

 与党などの有志議員による「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」は23日、衆院議員会館で会合を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、沖縄県議や市民団体メンバーから県外移設の要望を受けた。
 懇談会事務局長の川内博史衆院議員は「沖縄の基地負担を軽減する強い気持ちが鳩山由紀夫首相にあるのは間違いない。民主党マニフェストに書かれた『米軍再編見直し』には県外移設が包含されている」と述べ、懇談会としては県外移設を求めていく方針を示した。

 なぜ、この普天間の問題が、解決しないのかという原点に立ち戻る必要がある。だいたい、辺野古のアセスの項目にないオスプレイの配備も明らかになっているのに…。沖縄でももうすでに答えは出ている。その答えに、政治はまっすぐに答えるべきではないのか。
 たたかいは、ほんとうに山場である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 母子加算の12月満額復活確認 財務、厚労両相が会談 | トップページ | 民主指摘の「ムダ事業」、こっそり概算要求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46565650

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題のゆくえは 10月23日の動き:

« 母子加算の12月満額復活確認 財務、厚労両相が会談 | トップページ | 民主指摘の「ムダ事業」、こっそり概算要求 »