« キム・デジュン 肉声でたどる激動の生涯 | トップページ | 子ども支援 日本乏しい 6歳未満の公的支出 加盟30カ国平均の半分以下 OECD報告 »

2009/09/07

弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖

0247110 本の帯に、湯浅誠さんが、」「いばらない、きどらない、かざらない。良心的で、良識的で、だけど徹底的。公平で、公正で、そして弱者の側に立ちきる。現場を持ち、社会に訴え、そして政治に働きかける。私たちは、闘う弁護士宇都宮健児に、理想的な活動家像を見る」という一文をよせている。
 ボクも、仕事でお世話になることもあるし、話をお聞きする機会もある弁護士さんである。

 38年の弁護士生活は、文字通り苦難の連続である。でも、なぜ、彼は反貧困の運動の先頭に立てるのか? サラ金の問題を通して、徹底して弱者の立場に立ち、そして、この社会がいかに弱者に対して、非常な社会であるか、そのこととたたかってきた人だからと思う。
 この本には、さまざまな事件が紹介されている。いかに、弱い人をだますということが続けられてきたか。しかも、制度そのものが、弱い人より、だます人にとって有利であるということがその背景にあるのだ。

 そして、このたたかいのなかで、弁護士という仕事が、職業が、どんな役割をはたさなければならないのかということを、だからこそ。彼はたたかう。こういう人のたたかいから、ボクらも学ぶべきことはたくさんあると思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« キム・デジュン 肉声でたどる激動の生涯 | トップページ | 子ども支援 日本乏しい 6歳未満の公的支出 加盟30カ国平均の半分以下 OECD報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46141847

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖:

« キム・デジュン 肉声でたどる激動の生涯 | トップページ | 子ども支援 日本乏しい 6歳未満の公的支出 加盟30カ国平均の半分以下 OECD報告 »