« 人生最初の社会保障 14-16 日NHK 保育関連番組紹介 | トップページ | 特別支援教育を考える 在籍者10年で倍 ◇追いつかぬ態勢整備 »

2009/09/12

求人倍率:高校生0.71倍 4年ぶり1倍割れ、求人数は昨年から半減

 今日は、朝から会議。午後は、インタービューの原稿の処理。夜までかかって、おおよそのメドはたつ。

求人倍率:高校生0.71倍 4年ぶり1倍割れ、求人数は昨年から半減(毎日新聞)

 厚生労働省は11日、来春卒業予定の高校・中学の求人・求職状況を公表した。高校生の有効求人倍率は4年ぶりに1倍を割り込む0・71倍(前年同期比0・60ポイント減)で、求人の減少幅48・8%は過去最悪。厚労省は、例年の傾向から、年度末に向けて多少の改善を期待しているが、失業率が過去最悪を更新する中、東北、九州地方を中心に若年者の就職も厳しさにさらされている。
 調査は、学校、ハローワークの紹介で就職を希望する生徒の7月末現在の状況をまとめた。高校で就職を希望する求職者は19万1000人(同5・5%減)、求人数は13万5000人(同48・8%減)、求人倍率は0・71倍だった。中学では求職者2700人(同2・1%減)、求人は500人(同50・2%減)、求人倍率は0・19倍(同0・19ポイント減)となった。厚労省は、不況の直撃を受けた製造業や卸、小売業での求人が減少していると見ている。…

 ウチの子どもたちも、まだ仕事が決まらないでいるわけだけれども、若者たちにとって、先の見えない、不安定な状況が続く。雇用の状況は、いっそう厳しい状況が続いているし、そのための対策、社会保障の制度の改善自体も、新しい政権のもとで、どうすすんでいくのかは、まだ不透明だ。このままでは、この冬はいったいどうなるのだろうか? 素早い対策と、太い改善を求める強い声をあげていかなければいけない地点にいるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを


|

« 人生最初の社会保障 14-16 日NHK 保育関連番組紹介 | トップページ | 特別支援教育を考える 在籍者10年で倍 ◇追いつかぬ態勢整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46194255

この記事へのトラックバック一覧です: 求人倍率:高校生0.71倍 4年ぶり1倍割れ、求人数は昨年から半減:

« 人生最初の社会保障 14-16 日NHK 保育関連番組紹介 | トップページ | 特別支援教育を考える 在籍者10年で倍 ◇追いつかぬ態勢整備 »