« 給油代替策、早急に検討=北沢俊美防衛相〔新閣僚インタビュー〕 | トップページ | あれ? 財布をどこかで… »

2009/09/25

国連安保理:首脳会合 「核なき世界」決議、国際社会の責務に 各国が決意表明

 世界の構造変化という点では、G192という言い方が、そのいちばんの特徴をあらわしているのかもしれません。「核のない世界」という問題をめぐる議論も、大きなインパクトをもって、さまざまな国が発言しています。今日は、こんなニュースを読みました。

国連安保理:首脳会合 「核なき世界」決議、国際社会の責務に 各国が決意表明(毎日新聞)

 オバマ米大統領が主宰し、「核兵器のない世界」を目指す決議を全会一致で採択した24日の国連安全保障理事会首脳会合は、オバマ政権の核軍縮・不拡散戦略を国際社会の責務に引き上げた。理事各国首脳の演説では、核兵器を保有する他の常任理事国も核軍縮への決意を表明した。一方、非核保有国からは、核軍縮の実行を求める声もあがった。
 ロシアのメドベージェフ大統領は「我々の間に横たわる不信感を取り除き、困難で複雑な(核廃絶)問題に取り組み、目的を成し遂げねばならない」と主張。ブラウン英首相も自国の核軍縮への取り組みを紹介し、「米露の核軍縮交渉を他にも広げなければならない」と強調した。…

 ボクが注目するのは、「非核保有国からは核保有国に軍縮の『約束』の実行を強く迫る意見も出た」という点です。「トルコのエルドアン首相は、米英露仏中に核保有を認める一方で、核軍縮への義務を課した核拡散防止条約(NPT)について『20世紀で最も重要な条約の一つだ。だが今、NPT体制の信頼性を高めるためには、すべての核保有国が核兵器を完全に廃棄することが重要だ』と訴えた」というのです。「コスタリカのアリアス大統領も「この会場に世界最大の武器輸出国が出席している事実を無視できない」と指摘し、核保有国に『平和な未来』を導く責任を求めた」とまで。
 来年のNPT再検討会議に向け、どのように世界の世論、議論が広がっていくのか。とても、楽しみな動きだといえると思いますね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 給油代替策、早急に検討=北沢俊美防衛相〔新閣僚インタビュー〕 | トップページ | あれ? 財布をどこかで… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46312506

この記事へのトラックバック一覧です: 国連安保理:首脳会合 「核なき世界」決議、国際社会の責務に 各国が決意表明:

» 待った無しの普天間基地移設問題! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★待った無しの普天間基地移設問題!画像はクリックで拡大します。正直過ぎる民主党政 [続きを読む]

受信: 2009/09/26 23:20

« 給油代替策、早急に検討=北沢俊美防衛相〔新閣僚インタビュー〕 | トップページ | あれ? 財布をどこかで… »