« MD、中・東欧配備見送り 米軍、機動性に重点 | トップページ | 誰も守ってくれない »

2009/09/20

再生の町

Pic1 昨日は、比較的早く家に帰ってきたので、夕食をつくって、それで、テレビをみた。普段なら、なかなか9時台のドラマなど、みられないのだけれど、この再生の町をはじめて、みることができた。

 物語のあらすじは、HPにまかせるが、 いうまでもなく、財政の破綻した町の話。そこに利権の絡んだ開発がからむ。財政再建をすすめるために、福祉や市民サービスの削減に直面する。そこに、あえて、公務員の使命とは何かという問いかけ正面からおこなうドラマづくりは共感はできる。

 今日は、夜、「官僚たちの夏」の最終回を見た。こちらの感想は何度か書いたけれども。主人公の通産官僚は、政治を介したアメリカからの圧力から日本の産業を守ろうとする。しかし、そこで主人公たちの前にあるのは、あくまでも業界であり、国民生活そのものではない。ここに、この時代の官僚制の1つの面は出ているのかもしれないとも思う。

 官僚とは、公務員とは、いろいろ考えさせてはくれるのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« MD、中・東欧配備見送り 米軍、機動性に重点 | トップページ | 誰も守ってくれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46263763

この記事へのトラックバック一覧です: 再生の町:

« MD、中・東欧配備見送り 米軍、機動性に重点 | トップページ | 誰も守ってくれない »