« 鳩山代表、温暖化ガス中期目標「90年比25%減」表明 | トップページ | 民社国の3党、連立に正式合意 福島・亀井氏、入閣へ »

2009/09/09

重度虐待した保護者の3割、助け求める 児相所長会調査

 ボチボチ仕事はすすんでいますが。インタビューの処理、今後の企画の下取材、その他、実務。夜は人の話を聞く。

重度虐待した保護者の3割、助け求める 児相所長会調査(朝日新聞)

 命にかかわるけがを子どもに負わせたり、育児放棄で極度に衰弱させたりする深刻な虐待をした保護者の約3割が、虐待を認めて援助を求めていることが、全国児童相談所長会の調査でわかった。専門家は丁寧な支援や介入策で虐待の一部を防止できると指摘している。
 おおむね10年ごとの調査で、全国規模では初めて被害を深刻度別に調べた。全国の相談所197カ所のうち195カ所が回答。08年4~6月の相談のうち、虐待を受けたと確認された子8108人について調べた。
 このうち、命にかかわるけがや栄養不良による衰弱など「生命の危機あり」は129人、継続して治療が必要なけがや性的虐待など「重度虐待」は468人だった。
 「生命の危機あり」とされた子を虐待した保護者のうち、相談所側が「虐待を認めて援助を求めている」と判断した保護者は31%に上った。主な虐待者は実母が59%と最も多く、実父が24%。子どもは1歳未満が40%を占めた。
 「重度虐待」をした保護者では、25%の保護者が援助を求めていると判断された。虐待した保護者全体では19%。深刻な虐待をした保護者ほど、助けを求める傾向が強かったことになる。
 …ある児童相談所の職員は、大声で子どもをしかっているとの通報で駆けつけたところ、保護者から「困っていたんです」と打ち明けられた経験がある。「母子だけで家に閉じこもったり、一人親で生計を立てるので精いっぱいだったり。相談できる人がおらず、情報に疎遠なケースが多いと感じる」と言う。 …

 この調査では、虐待につながると思われる家族や家庭の状況も調べている。そこでは、「経済的な困難」(33%)、「虐待者の心身の状態」(31%)、「ひとり親家庭」(26%)があげられている。明らかに、そこには貧困がある。そして、貧困の家庭ほど、助けを外に求められないほど、孤立している。この調査は、そうした状況にふさわしい社会政策が求められていることを示している。

 さて、やっと『子どもの貧困白書』を本格的に読み始めた次第。やはり、これはよくできた本ですね。子どもの貧困は、いまなぜ問題にしなければいけないのか。自分のなかで、読みながら深まってくるのがわかる。
 ただ、1本1本の論功が短いので、最初の研究者の書いたものは、やや観念的・抽象的で、ものたりない。その後の、レポートはいろいろある。その点で、ボクの身内の小論は、正直言ってよくできていると見直した。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 鳩山代表、温暖化ガス中期目標「90年比25%減」表明 | トップページ | 民社国の3党、連立に正式合意 福島・亀井氏、入閣へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/46168372

この記事へのトラックバック一覧です: 重度虐待した保護者の3割、助け求める 児相所長会調査:

« 鳩山代表、温暖化ガス中期目標「90年比25%減」表明 | トップページ | 民社国の3党、連立に正式合意 福島・亀井氏、入閣へ »