« わたしは学童保育指導員 | トップページ | 学校から社会へ~各国若者就労支援の実態と課題 »

2009/08/05

学力:年収多い世帯の子供ほど高い傾向…文科省委託研究

 暑い一日ですね。今日は、ずっと外回りだったので、よけいに体力が消耗しています。

 さて、ニュースのクリップです。

学力:年収多い世帯の子供ほど高い傾向…文科省委託研究(毎日新聞)

 年収200万円台の世帯と1200万円以上の世帯では、昨年の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の平均正答率(小6国語B、算数B)に約20ポイントの差があることが、文部科学省の委託調査で分かった。一方、年収にかかわらず、親が「ニュースや新聞記事について子供と話す」「家に本がたくさんある」などと回答した世帯の子供ほど学力が高い傾向もみられた。
 文科省の委託を受けた耳塚寛明・お茶の水女子大教授らの研究グループが、昨年12月~今年2月に全国の5政令市の小学校100校を対象に保護者約5800人にアンケートし、昨年4月のテスト結果との関係を調べた。
 調査によると、基礎問題(A)と活用問題(B)のいずれも、年収が高い世帯の子供ほど正答率が高い傾向があった。最も差がついたのは算数Bで、200万円未満の世帯は42.6%、200万円台は45.7%に対し、1200万円以上1500万円未満は65.9%、1500万円以上も65.6%に達した。
 塾や習い事など学校外教育への支出額と学力にも相関があり、全く支出のない世帯は、月5万円以上支出する世帯と比較して正答率が23~27ポイント低かった。
 また、親自身の普段の行動を尋ねたところ、高学力層では「クラシック音楽のコンサートに行く」「お菓子を手作りする」などの回答割合が高く、低学力層では「パチンコ・競馬・競輪に行く」「カラオケに行く」などの回答割合が高かった。…

 ほぼ同じ内容の結果を耳塚さんは、かつて報告している。

 傾向というのは、傾向であって、直接、因果関係を論じているわけではないだろうが、でも傾向が明らかにあるのである。子どもの貧困、貧困の連鎖は、かなり理解がひろがったけれど、同時に、根強い、冷たい視線も広くあるのも事実である。この数字は、シンプルでわかりやすいが、しかし、難しい問題でもあるのだけど。だから、説得力をもって、合意を勝とって、施策を実現するためにも、ていねいが議論が大事なんだろうな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« わたしは学童保育指導員 | トップページ | 学校から社会へ~各国若者就労支援の実態と課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45847134

この記事へのトラックバック一覧です: 学力:年収多い世帯の子供ほど高い傾向…文科省委託研究:

» 全国学力テスト 公表 [芸能ニュース特報]
・グランプリに「一秒の温度」 ぴあフィルムフェス ・挑戦者の木村八段3連勝、王位へあと1勝 将棋王位戦 ・阿修羅像フィギュア、5千個が即日完売 九州国立博物館 「三奪」【春秋】... 文部科学省の調査では、全国学力テストを受けた小学校6年生の成績は保護者の年収によって驚くほどの格差をみせている。所得が高いほど点数が良く、正答率には20ポイントほどの開きが出た。 ...[記事全文] ・学校の成績も金次第では... [続きを読む]

受信: 2009/08/07 21:40

« わたしは学童保育指導員 | トップページ | 学校から社会へ~各国若者就労支援の実態と課題 »