« 日本における軍需産業の利権と思惑 | トップページ | 西日本新聞編集者の違和感 »

2009/07/16

非核三原則、見直し不要=将来の扱いは米と議論-鳩山代表

 核密約をめぐっての民主党・鳩山代表の発言がいろいろ波紋を呼んでいる。

非核三原則、見直し不要=将来の扱いは米と議論-鳩山代表(時事通信)

 民主党の鳩山由紀夫代表は15日、政府の非核三原則について「核を搭載した米国の船が日本に寄港する必要はなくなっている。非核三原則が現実問題として堅持できる状況であり、何も不自由はない」と述べ、見直す必要はないとの考えを示した。都内で記者団に語った。
 鳩山氏は「少なくとも近未来においては三原則は十分に守られ得ると思っている」と強調。一方で「遠い将来の議論をどこまでやるか、米国の考え方も徹底的にうかがいながら議論していく必要がある」と語り、将来的な扱いについて日米で議論すべきだとの見解も示した。 …

 この発言には、誰もが疑問をもつ。たしかに、前線での核兵器の配備を現在のアメリカは核管理上、抑制していると言われている。しかし、緊急時にアメリカは核の展開を否定はしていない。日本の核が持ち込まれることはないのか。
 密約は現在でも生きている。だからこそ、政府は密約はないと発言する。緊急時の核持ち込みを担保するための方便だからだ。この政府の発言と、密約があっても、現在では三原則は守られていて、今後も問題はないという鳩山氏の発言は、本質的にどこが違うのかボクにはどうにもわからない。
 政権をとると、密約はオープンにするという。では、この三原則との矛盾はどう解決するのか。その心配があるから、長期的には、アメリカと三原則について協議をするというのだろうか。それは「見直し」という意味としか受け取れない。
 だから選挙をともにたたかう社民党はすぐに不快感を示し、発言に注意するよう注文を付けたそうだ。

 自民党政治を終わらせたいという、国民の願いは、いよいよ政権交代を実現させそうである。しかし、民主党は、とくに安全保障・外交政策では、かならずしも多くを語っているわけではない。
 9条を守るとか、平和外交を求める国民の願いも強い。選挙結果をよりよきものにするうえでも、憲法や安全保障の問題ではっきりした態度をとる政党が、選挙で前進することも必要であると思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日本における軍需産業の利権と思惑 | トップページ | 西日本新聞編集者の違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45653112

この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則、見直し不要=将来の扱いは米と議論-鳩山代表:

« 日本における軍需産業の利権と思惑 | トップページ | 西日本新聞編集者の違和感 »