« ベルギー:「非核三原則」法制化へ 米の配備困難に | トップページ | 子どもたちに伝えたい 人権と歴史 人権と歴史認識を考える7・21集会 »

2009/07/20

生活保護ビジネス   福祉施設の“闇”に迫る

 深夜、NNNドキュメントのこの番組をみた。

Next_image 家電を修理する仕事で食いつなぎ、サウナや公園で寝泊まりしていたAさん。ある日、男から「寝ているだけで食事と寝床が保障される所がある。小遣いももらえる」と声をかけられてついていった。それはNPO法人が運営する第2種社会福祉事業で、ホームレスなどに無料や低額で居室を提供する「無料低額宿泊所」だった。存在そのものは合法だが、宿泊所を住所として生活保護を受給。しかし部屋代や食費などの名目で経費を引かれ、本人の手元には2,3万円しか残らないという場合が多い。Aさんも一度も全額もらったことがないという。ホームレス支援をする市民団体や弁護士らは「生活保護ビジネス」として批判している。

 話には聞く、貧困ビジネス。それがどのようにはびこっているのかが、リアルに浮き彫りにされる。
 なぜ、どのような背景をもって、このビジネスが広がるのか。しかし、同時に、いまの社会のありようが、こういったビジネスを容認し、促進していると言えるのだろうか。
 強い、怒りを感じる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ベルギー:「非核三原則」法制化へ 米の配備困難に | トップページ | 子どもたちに伝えたい 人権と歴史 人権と歴史認識を考える7・21集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45690729

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護ビジネス   福祉施設の“闇”に迫る:

» 『“人間のくずなんて、人権蹂躙で踏みつぶせ”だとさ』と、SSS・川越寮の、いかすホームレス。 [ルンペン放浪記]
●頻発している“不当逮捕”“紛らわしい冤罪”“開いた口がふさがらない裁判”“嘘の労働審判”を、「またか」と、見過ごしているかぎり、隣近所や、福祉の現場、職場や家庭、生産ラインのあたり、介護施設や病棟の、いたるところで、“よるべのなさ”を腹一杯かっ喰らわされて... [続きを読む]

受信: 2009/07/24 17:45

« ベルギー:「非核三原則」法制化へ 米の配備困難に | トップページ | 子どもたちに伝えたい 人権と歴史 人権と歴史認識を考える7・21集会 »