« 子どもたちは忙しく そして 疲れている… | トップページ | 国策紙芝居で戦時知って »

2009/07/14

児童虐待から見える支援の貧しさ

 梅雨が明けて、一気に暑くなりました。早々とバテバテです。太っていて、汗っかきで、最悪ですよね。
 昨日は、夜中に、二男が突然、自分の部屋の最近きたパソコン(巨大なワークステーション、これってプロ用。ちょっとずるいです)を、インターネットにつなげって言ってきて。しばらくはインターネットにつながないとか言っていたのに、課題をしあげるのに、クイックタイムが必要で、それが入っていないとか。かってあった、長いランケーブルを、はわせて。夜中の仕事としては、ちょっとつらいですよね。
 今日は、今日で、職場の机の脇に置いてある、古いパソコンで、宣伝物の処理などをしているのですが、版下の原案をつくったところで、まったく動かなくなった。たぶんもうダメかな。2時間ぐらい、格闘。眠気だけが残る、ちょっとトホホの一日であった。

 さて、今日のニュースから。

昨年度の児童虐待、過去最多4万件超す 0歳児が5割弱(朝日新聞)

 全国の児童相談所が08年度に対応した児童虐待は、過去最多の4万2662件(速報値)に上ると、厚生労働省が14日、発表した。前年度より2023件増えた。子どもの安全確認のため、児童相談所は08年度から強制的に立ち入り調査できるようになったが、相談職員にはためらいもあるとみられ、実施は2件にとどまった。
 児童虐待の件数は、統計をとり始めた90年度から連続して増え続け、10年前の約6倍に。厚労省虐待防止対策室は「虐待そのものが増加しているほか、虐待に対する認識が高まり、通報や相談が増えている」とみている。
 また、07年1月~08年3月に虐待によって死亡したのは、115件142人。心中・心中未遂を除く73件78人のうち、0歳児が5割弱を占めた。母親に相談相手がいなくて孤立していたり、精神的問題を抱えていたりするケースが目立った。
 昨年4月の改正児童虐待防止法施行により、虐待が疑われる親が知事からの2度の出頭要求に応じない場合は、相談所が裁判所から許可状を取れば、警察の援助を受けて強制的に立ち入り調査できるようになった。
 強制的な立ち入り調査を実施したのは2自治体2件で、子ども計4人を一時保護した。うち1件は子どもを学校に通わせず、自宅アパートからは異臭がしていた。出頭要求などにも応じないため、大家から借りた合鍵で解錠、さらに金属製のドアロックも切断し、子ども3人を一時保護した。 …

 虐待の話に直面すると、とても心が痛くなる。つらい状況が広がっている。とくに0~2歳児をもつ家庭の貧困と、その家庭への支援の貧しさが、そのままこの数に反映しているというのは想像に難くない。同時に、その解決への対策の貧しさも、とても気になる。臨検と言われる「強制立ち入り調査」には、慎重さも必要だし、そのためには、個々の家庭への支援をおこなういことができる、十分な体制が必要だろう。2件の実例は、幸い効果があったようだけれど、現場で働く児相の人たちの苦悩というものが聞こえてきそうな記事である。

 児童養護の現場からも悲鳴が聞こえてきそうだ。

施設入所児童ら、4万人超す=「虐待のため」3割超に-厚労省調査(時事通信)

 親から離れて児童養護施設に入所したり、里親の下で暮らしたりしている児童数が2008年2月時点で4万1602人となり、03年から8.6%増加したことが13日、厚生労働省の調査で分かった。4万人を超えたのは、戦後の孤児や貧困児童らも保護されていた時代の1961年の調査以来47年ぶり。また、入所などの理由では虐待が全体の33.9%(前回28.4%)を占め、初めて3割を超えた。
 調査は5年ごとに実施している。対象は児童養護施設や乳児院、母子生活支援施設などに入所したり、里親に委託されたりしている原則18歳未満の児童。入所・委託先は、里親が前回比47.1%増の3611人と大きく増えた。…

 児童養護施設は、どこもかしこも、満杯で、そこで働く人たちの困難も増大している。できるだけ、子どもの安心などを保障していけるよう、小規模化や小舎制が追求されているのだろうと思うけれども、財政的な問題はどこでもたいへんで、そこで働く人たちの低賃金で長時間労働、たくさんの子どもに対応しなければならない問題など、問題は山積みなのだという。そもそも数が足りない。そのために、児相に長期に留め置かれている子どもも多いという。
 現場の声、子どもたちの声をていねいに聞き取りながら、こうした問題にも向き合う必要があることを考えさせられるニュースでもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 子どもたちは忙しく そして 疲れている… | トップページ | 国策紙芝居で戦時知って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45636497

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待から見える支援の貧しさ:

« 子どもたちは忙しく そして 疲れている… | トップページ | 国策紙芝居で戦時知って »