« 昭和の記憶を掘り起こす | トップページ | 自民党の時代錯誤の滑稽さ »

2009/07/28

違法派遣で自殺と賠償命令 ニコンなど2社に東京高裁

 今日は、共産党のマニフェストの発表がありました。実物はここ。

 さて、今日は、午前中休みをもらって、寝ていました。といっても、あまり深くは寝られませんね。疲れもそんなにとれない。気分を変えて、仕事にとりかからなければなりません。

違法派遣で自殺と賠償命令 ニコンなど2社に東京高裁(共同通信)

 光学機器大手ニコンの工場に派遣されていた男性が自殺したのは、劣悪な勤務環境によるうつ病が原因だとして、遺族が、同社と名古屋市の業務請負会社に計約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は28日、両社に計約7058万円の支払いを命じた。
 両社に計約2488万円の支払いを命じた05年3月の一審東京地裁判決を変更。「製造業への派遣を禁止していた当時の労働者派遣法に反していた」と言及した。
 原告は1999年3月に自殺した上段勇士さん=当時(23)=の母のり子さん(60)=岩手県一関市。
 都築弘裁判長は、上段さんの勤務実態に触れ「昼夜交代制勤務や寮での一人暮らしなど、生活の大部分はニコン側に抱え込まれていた」と指摘。
 その上で「健康状態の把握は近親者より、使用者の方が容易。ニコン側が、自殺の原因をうつ病でないと証明しない限り、うつ病が原因と推認するのが公平だ」として、立証責任をニコン側に求めた。

 派遣労働者の過労死というショッキングな問題を問いかけたこの事件。もう10年になるのですね。ボクが、若者異常な働かされ方という問題に関心を持つようになったきっかけの事件の1つです。
 非正規労働者が、過重な仕事のために、追いつめられるというケースは現在でも後をたたない問題ですよね。それだけに、この判決は、企業の側に、立証責任を求めたということで、とても重要な判決なようですね。くわしい判決内容を知りたいと思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 昭和の記憶を掘り起こす | トップページ | 自民党の時代錯誤の滑稽さ »

コメント

【雇用問題】各政党メール・フォーム

雇用に不満がある人は政党に直接メールした方がよい。
メルアドを知られるのが嫌なら、使い捨てのフリーメールを取得して使用すればよい。
今がチャンス。というより、今が「ラストチャンス」かもしれない。

●民主党 web-site
https://form.dpj.or.jp/contact/
●民主党 ネクスト厚生労働大臣 藤村修
衆議院議員 藤村修
http://www.o-fujimura.com/voice.html
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 山井和則
衆議院議員 やまのい和則(かずのり)
http://yamanoi.net/
山井和則 , 山井和則
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 中村哲治
中村てつじ公式WEBサイト - メール
http://tezj.jp/modules/contact/
●社民党OfficialWeb┃お問い合わせ
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
●日本共産党ホームページの著作権について
http://www.jcp.or.jp/service/mail.html
kenpou25@jcp.or.jp

非正規雇用の対象業務 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?ie=auto&q=%22%C8%F3%C0%B5%B5%AC%B8%DB%CD%D1%A4%CE%C2%D0%BE%DD%B6%C8%CC%B3%22

投稿: vsParties | 2009/07/30 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45770519

この記事へのトラックバック一覧です: 違法派遣で自殺と賠償命令 ニコンなど2社に東京高裁:

« 昭和の記憶を掘り起こす | トップページ | 自民党の時代錯誤の滑稽さ »