« 『「使い捨てられる若者たち」は格差社会の象徴か-低賃金で働き続ける若者たちの学力と構造- | トップページ | GMの破綻 »

2009/06/01

核持ち込み密約、外務次官ら管理 首相、外相の一部に伝達

 五十嵐仁先生のブログを読んで、あわてて、東京新聞をめくる。もともとは共同通信の配信のようだ。

核持ち込み密約、外務次官ら管理 首相、外相の一部に伝達(共同通信)

 1960年の日米安全保障条約改定に際し、核兵器を積んだ米軍の艦船や航空機の日本立ち寄りを黙認することで合意した「核持ち込み」に関する密約は、外務事務次官ら外務省の中枢官僚が引き継いで管理し、官僚側の判断で橋本龍太郎氏、小渕恵三氏ら一部の首相、外相だけに伝えていたことが31日分かった。…

次官経験者の証言要旨 核持ち込み日米密約

 この問題は、多くの本に書かれているし(たとえば五十嵐さんの本)、国会でも不破さんなどが、アメリカでの情報公開をもとに質問でとりあげてきたもの。
 日本側でも真相は、明らかにされるべきである。さて、もやは言い逃れはできない状況のもとで、現在の政府は、どう答えるのであろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

 核持ち込みの日米密約をめぐる外務事務次官経験者(80~90年代)4人の証言要旨は次の通り。

 ▽A氏
 一、次官引き継ぎの時に「核に関しては日米間で(非公開の)了解がある」と前任者から聞いて、次の次官に引き継いでいた。これは大秘密だった。
 一、米軍艦船や米軍機に積まれた核は事前協議の対象にならないということは、60年から日米間で了解されている。だから日本政府は国民にうそをついてきた。
 一、(密約の内容を)メモ書きした文書が外務省に存在し、自分はそれを読んだ。大平正芳氏が外相だった時に(日米間で)確認したということも秘密の文書に書いてあり、それも読んだことがある。
 一、当時の首相や外相に伝えたことはなかった。政治家に話をすると漏えいするから。

 ▽B氏
 一、大平、ライシャワー両氏のやりとりについては自分も聞いており、外務省にはそれを記した内部文書があった。(その時々の)次官はもちろんそれを知っていた。
 一、形式論としては時の首相、外相に必ず報告すべき事項だが、大きな問題なので、せんえつかもしれないが、役人サイドが(密約の内容を話していい首相とそうでない首相を)選別していた。

 ▽C氏
 一、(艦船や航空機に積まれた核が事前協議の対象にならないという米側の解釈を記した)日本側文書が外務省にある。(米国で既に開示され、密約内容を記した英語の「秘密議事録」と)全く一言一句変わらないことが書かれている。
 一、外務省で日米安全保障条約を担当している者は(密約のことを)みんな知っている。(大平、ライシャワー両氏が密約を確認した内容を記した)記録も外務省に残されているはずだ。
 一、小渕恵三氏には彼が首相となる前の外相の時にこのことを伝えた。橋本龍太郎氏にも外務省から伝えている。両首相経験者とも事実関係を知っていた。

 ▽D氏
 一、条約課長になった時に聞かされた。私自身は首相に(密約の内容を)話すことはなかった。
 一、(国会で事実と違う答弁を続け)何か恥ずかしいなという思いがあった。

|

« 『「使い捨てられる若者たち」は格差社会の象徴か-低賃金で働き続ける若者たちの学力と構造- | トップページ | GMの破綻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45207997

この記事へのトラックバック一覧です: 核持ち込み密約、外務次官ら管理 首相、外相の一部に伝達:

« 『「使い捨てられる若者たち」は格差社会の象徴か-低賃金で働き続ける若者たちの学力と構造- | トップページ | GMの破綻 »