« 沖縄「慰霊の日」 遺族の高齢化進む 「伝える時間あとわずか」 | トップページ | ビッグ・イシュー最新号 »

2009/06/23

「骨太09」社会保障費抑制せず、与党に確約 閣議決定

 明日から印刷工場につめる。仕事は山場である。同時に、不安定な今後数カ月の企画のつめもいろいろとしなければいけない。メールを送ったり、電話をかけたり、いろいろあるのである。

 さて、選挙やその後の政治の動きにも大きくかかわるニュースである。

「骨太09」社会保障費抑制せず、与党に確約 閣議決定(朝日新聞)

 政府は23日の臨時閣議で、経済財政改革の基本方針「骨太の方針09」を決めた。形式的には小泉内閣の「骨太06」以来の歳出削減の維持が盛り込まれたが、年間2200億円の社会保障費抑制を実施しないことを与党に確約。財政出動圧力を強める与党に押し切られて歳出改革のトーンは後退した。
 次の総選挙で民主党の財源論のあいまいさを突き、自公両党の責任政党ぶりをアピールしたい首相は「基本方針(骨太)06等を踏まえ、歳出改革を継続」との文言を残すことにこだわった。しかし、支持率急落で求心力の低下した政権に抑制方針の撤回を求める自民党厚労族などを押し返す力はなかった。
 骨太09には「社会保障の必要な修復をする」「昨年度とは異なる概算要求基準を設定」との記述が追加されたうえ、与謝野財務相が23日、自民党の細田博之幹事長ら四役、厚労族でもある尾辻秀久参院議員会長と(1)来年度予算で社会保障の自然増はそのまま認める(2)一方で無理のない範囲で節約に努める――などとする覚書も交わした。 …

 実物はこれ。
 でも、総選挙で政権交代がおこなわれてしまえば、単なる紙になるものなのか。

 だいたい、小泉路線の「修正」は既定の路線である。だから、今日の内容などもある意味で、それを追認したにすぎない。それは、すでに国民の意思である。問題は、どう修正するのかに政治の役割がある。しかし、この決定は、「社会保障の必要な修復」との文言を追加しただけで、国民生活にこれだけ苦難を与えてきた社会保障抑制路線をどう転換し、社会保障の再建をはたするかということについては何も語っていない。
 それは民主党についても、同じことが言えないのか。これまでの民主党の政策が、社会保障の構想を語っているとは思えない――というか語っているとすれば、それは「抑制」である。この間、いくつかの目玉となる政策は出されているが、その全体像は明らかでない。その根の問題として財源の問題がある。
 母子加算の復活法案が参院で審議されている。もし復活がなされれば(政権が変わって)、それはそれで重要な一歩である。が、それで、問題が解決するわけでは決してない。どう社会保障抑制を転換し、再構築するのか。問われている問題に、政治が答える時である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 沖縄「慰霊の日」 遺族の高齢化進む 「伝える時間あとわずか」 | トップページ | ビッグ・イシュー最新号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45434936

この記事へのトラックバック一覧です: 「骨太09」社会保障費抑制せず、与党に確約 閣議決定:

« 沖縄「慰霊の日」 遺族の高齢化進む 「伝える時間あとわずか」 | トップページ | ビッグ・イシュー最新号 »