« 「派遣村」解散でシンポジウム | トップページ | 浅草寺の大イチョウ »

2009/06/29

核持ち込み密約:米核持ち込み、密約文書引き継ぐ 村田元次官「外相に説明」

 先日、共同通信が、核密約の存在を求める複数の事務次官の証言をスクープした。その1人が、実名の証言をしたというニュースだ。

核持ち込み密約:米核持ち込み、密約文書引き継ぐ 村田元次官「外相に説明」(毎日新聞)

 1960年の日米安全保障条約改定時に核兵器搭載艦船の寄港などを日本側が認めた密約について、87年7月に外務事務次官に就いた村田良平氏(79)=京都市在住=が、前任次官から文書で引き継ぎを受けていたことを明らかにした。村田氏は28日夜、毎日新聞の取材に「密約があるらしいということは耳に入っていたが、日本側の紙を見たのは事務次官になったときが初めて」と証言した。日本政府は密約の存在を否定しており、歴代外務次官の間で引き継がれてきたことを認める証言は初めて。
 村田氏によると、密約は「普通の事務用紙」1枚に書かれ、封筒に入っていた。前任者から「この内容は大臣に説明してくれよ」と渡され、89年8月まで約2年間の在任中、当時の倉成正、宇野宗佑両外相(いずれも故人)に説明。後任次官にも引き継いだという。
 60年の安保改定時、日米両政府は在日米軍基地の運用をめぐり、米軍が装備の重要な変更などを行う際は事前に協議することを確認したが、核兵器を搭載した米艦船の寄港や領海通過、米軍機の飛来は事前協議の対象としないことを密約。81年5月、毎日新聞がライシャワー元駐日大使の「核持ち込み」証言を報じて発覚したが、日本政府は「米側から事前協議がない以上、核持ち込みはなかったと考え、改めて照会はしない」と密約の存在を否定し続けている。…

 この密約の存在は、歴史のなかでは半ば公然事実とは化している。いま読んでいる、『「共犯」の同盟史』にも、生々しく記述されている。官房長官や現事務次官は、記者会見で、密約の存在を否定したそうだけれど。
 自民党は、この際、密約を認めて、「密約を維持できないような政権で、対米関係を維持できるだろうか」と民主党との違いを強調したらどうだろうか? さて、それに民主党はどうこたえるのだろうか。アメリカとの関係の維持と自衛隊の海外での活動を強調しながら、曖昧な安保・外交政策のごまかしは通用しないと思うのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「派遣村」解散でシンポジウム | トップページ | 浅草寺の大イチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45493432

この記事へのトラックバック一覧です: 核持ち込み密約:米核持ち込み、密約文書引き継ぐ 村田元次官「外相に説明」:

« 「派遣村」解散でシンポジウム | トップページ | 浅草寺の大イチョウ »