« 浅草寺の大イチョウ | トップページ | 校長先生の反乱 と 校長辞すとも自由は死せず~生徒と歩んだ最後の半年間 »

2009/06/29

京田辺市でも日本軍「慰安婦」意見書

 またまた日本軍「慰安婦」の意見書が採択されました。今度は京都です。

日本軍「慰安婦」問題について日本政府へ早期解決を求めるための意見書

 戦後64年たった今も、日本軍「慰安婦」問題について、被害女性からの謝罪と補償を求める訴えが続けられている。人間としての名誉と尊厳を著しく傷つけられた被害者の思いは筆舌に尽くしがたいものがある。2007年7月にはアメリカ下院において「日本軍が女性を強制的に性奴隷にした」ことを公式に認め、謝罪するよう日本政府に求める決議が採択された。
その後、カナダ、オランダ、EU議会でも採択され、2008年には、フィリピン、台湾、韓国でもあいついで同様の決議が採択された。さらに国連やILOなどの国際的な人権擁護機構からも繰り返し勧告や指摘がされている。
 被害女性たちは、今、80歳、90歳の高齢になっており、一日も早い解決が求められている。政府は、1993年の河野洋平官房長官(当時)の「お詫びと反省の気持ちを申し上げる。」という「談話」を誠実に踏襲し、日本軍「慰安婦」問題被害者の公式謝罪と補償を求める声に耳を傾け、早急に問題の解決を図るよう求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
 平成21年6月29日
          京田辺市議会議長 上田 登
【提出先】衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 浅草寺の大イチョウ | トップページ | 校長先生の反乱 と 校長辞すとも自由は死せず~生徒と歩んだ最後の半年間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45493784

この記事へのトラックバック一覧です: 京田辺市でも日本軍「慰安婦」意見書:

« 浅草寺の大イチョウ | トップページ | 校長先生の反乱 と 校長辞すとも自由は死せず~生徒と歩んだ最後の半年間 »