« 国大協の「所見」と「要望」 | トップページ | 日本の教師 その歴史的・国際的特徴 »

2009/06/26

「共犯」の同盟史 など

 少し、本を買い込む。

0225710 その一冊が、『「共犯」の同盟史
』、日米の密約と同盟関係の歴史について論じたもので、おもしろそう。
 野田正彰さんの『虜囚の記憶』。これも、読みたかったもの。
 中公新書の『教育と平等』。苅谷剛彦氏の議論は一度、ちゃんとつきあいきらねばらなない。
 『新しい「教育格差」』。増田さんの書いたものだし。
 岩波新書『政治の精神』『ノモンハン戦争 モンゴルと満洲国』。とくに後者は、昨日の朝日の夕刊でも紹介されていたが、この事件を新しい視点から読み解いて注目される。

 古本の数冊。それから、積んである本もある。仕事で読まなければいけない本も数冊ある。

 じっくり読みたいんだけども、ね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 国大協の「所見」と「要望」 | トップページ | 日本の教師 その歴史的・国際的特徴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45462045

この記事へのトラックバック一覧です: 「共犯」の同盟史 など:

« 国大協の「所見」と「要望」 | トップページ | 日本の教師 その歴史的・国際的特徴 »