« 追い出し被害で賠償命令=鍵交換は居住権侵害-不動産会社に65万円・大阪簡裁 | トップページ | 衆院定数削減:2院制見直しも検討 月内の提言で…自民党 »

2009/05/24

中央大教授殺害事件 逮捕の男、ノートなどに「プラス思考にならないと」と心情記す

 今夜は、肉を食わない二男がいなかったので、長男とつれ合いと3人で焼き肉をした。まあ、安い肉で…。でも、部屋のなかでやったので、臭いは残るし、油でベトベトになるし、やっぱりウチ焼き肉はちょっとね。

 さて、中大教授殺害事件は、ちょっとつらい様相になっているようだ。容疑者は、「正社員になりたかった」と言っているとも報じられている。

中央大教授殺害事件 逮捕の男、ノートなどに「プラス思考にならないと」と心情記す(FNN)

 中央大学理工学部の高窪 統(はじめ)教授が殺害された事件で、逮捕された山本竜太容疑者(28)は、ノートや紙に「プラス思考にならないと」などと、心情を記していたことがわかった。
 山本容疑者は、高校の卒業アルバムに「夢は、独りで世界中を旅してみることかもしれません」と書いていた。
しかし、23日までに押収された数冊のノートや紙切れには、「マイナス思考じゃだめだから、もっとプラス思考にならないと」、「人とうまくコミュニケーションを取りたい」、「もっと両親と連絡を取って相談しよう」などと、事件前、社会生活に悩む山本容疑者の心情が赤裸々につづられていた。
 大学卒業後、転職を繰り返していたという山本容疑者。
 生き方、人間関係に悩む自らを奮い立たせるような言葉が目立った。
 その中に、高窪教授への恨みなどの記述は見当たらないという。…

 ただ、これまでの報道は、明らかに警察・検察サイドのものばかり。事件のほんとうの全容にはまだ遠い感じがする。

 事件そのものは、決して許されないものだけれど、テレビなどで、「こういう理解できない若者が増えているのが怖い」だとか、「「うまくいかないと他人のせいにする風潮」だとか言われると、ほんようにそうなのか、それが事件の本質なのかと思えてくる。
 人とコミュニケーションを取ることが苦手な人が、それゆえ仕事につけないもとで起こした事件などの報じられ方がされているけれど、ボクだって人とコミュニケーションを取るのは大の苦手だったりする。
 でも考えてみれば、コミュニケーションというのは社会のなかで相互におこなわれるもの。個々人の能力の問題にしてすむのだろうか。たとえ、個々人になんらかの課題などがあったとしての、社会全体のありようで、それがどのような問題なのかというのは大きく変わりうる問題でもあるはずだ。必要な社会的支援だって考えられてもいい。
 コミュニケーションの得手・不得手、言ってみればその能力のあるなしという形でここまで強調され、プレッシャーとして、個々人に課せられる社会っていったい何なんだろうかと、ニュースを聞いていて、しんどさを感じてしまうのだ。そう感じる人も多いと思うけれど、どうだろうか?

 事件から4カ月。まあ、まだ事件の真相にはまだまだ届いていない気がする。事件の真相が明らかになることを願っている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 追い出し被害で賠償命令=鍵交換は居住権侵害-不動産会社に65万円・大阪簡裁 | トップページ | 衆院定数削減:2院制見直しも検討 月内の提言で…自民党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45119832

この記事へのトラックバック一覧です: 中央大教授殺害事件 逮捕の男、ノートなどに「プラス思考にならないと」と心情記す:

« 追い出し被害で賠償命令=鍵交換は居住権侵害-不動産会社に65万円・大阪簡裁 | トップページ | 衆院定数削減:2院制見直しも検討 月内の提言で…自民党 »