« 歴史は眠らない 風吹く良き日を求めて | トップページ | 公明党はどんな役割をはたしたのか 母子加算 »

2009/05/12

経済学の世界に

 今日は、朝から、韓国史の勉強をすすめつつ、相次いで2本の原稿が届く。とくに夕方届いた原稿は膨大な量の原稿だったりするが、これがなかなかおもしろい。今月号に続き、なかなか刺激的なものができそうな予感。

 午後は、会議。その直前の、昼休みと、夜は、実は、経済をテーマにした研究会や学習会。先週の土曜から昨日、そして今日と、経済づいている。キーワードは、資本論と恐慌かな。ちゃんと勉強しないとね。漠然とした問題意識だけが、先行しているのが実情。どこで、どう追いつくか! うーん。

 民主党の代表選は、鳩山VS岡田の様相。選挙日程的に、鳩山有利という話も。それでは、もしかしたら民主党は、まとまらないかもしれない。(岡田でもまとまらない?)。民主党は自壊するというのは言いすぎかもしれないけれど、案外、解散は早まるのかな?日本の政治は、ほんとうに困ったものなのだろうな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 歴史は眠らない 風吹く良き日を求めて | トップページ | 公明党はどんな役割をはたしたのか 母子加算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44994439

この記事へのトラックバック一覧です: 経済学の世界に:

« 歴史は眠らない 風吹く良き日を求めて | トップページ | 公明党はどんな役割をはたしたのか 母子加算 »