« 学びの「個別化」と「民主主義的」学び~英国での見聞から~ | トップページ | 湯浅誠が語る「現代の貧困」 »

2009/05/24

南京事件70周年国際シンポジウムの記録

53551669 一昨年、七〇年を迎えた南京事件。その悲劇を二度とくり返さないという決意を込め、欧米・アジアなど海外九カ国と日本において、一〇回の国際シンポジウムがとりくまれた。本書はその記録集である。
 国際シンポ自体が、南京事件そのものだけに限定するのではなく、アジア太平洋戦争における日本政府・軍などの非人道的行為をとりあげておこなわれたが、本書では、九回の海外でのシンポの内容を「アジア諸国における戦争犯罪」「日独伊ファシズムの戦争犯罪と過去の克服」「歴史和解に向けて」に再構成し、東京でのシンポジウムのまとめとともに掲載している。
 その貫かれた願いは、「歴史和解の達成」。つまり、閣議決定と国会決議にもとづく政府の真摯な謝罪と被害者への償いである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 学びの「個別化」と「民主主義的」学び~英国での見聞から~ | トップページ | 湯浅誠が語る「現代の貧困」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/45107717

この記事へのトラックバック一覧です: 南京事件70周年国際シンポジウムの記録:

« 学びの「個別化」と「民主主義的」学び~英国での見聞から~ | トップページ | 湯浅誠が語る「現代の貧困」 »