« 『国際共同研究 韓国併合と現代』のシンポジウム | トップページ | スカイ・クロラ »

2009/04/05

北朝鮮 「ミサイル」発射狂騒

 北朝鮮から、「ミサイル」といわれるものが発射され、そのことで、この数日、大騒ぎという状況でしたね。誤報もありましたし。
 韓国などは、打ち上げたのは衛星という判断をしているようですね。北朝鮮そのものは、打ち上げは成功と言っているようですが、韓国もアメリカも、衛星は軌道にのっていないとしています。結局、失敗だったということでしょうか。

 日本のメディアは、ここ数日、この問題での特番ばかりでした。この騒ぎ方は異様でした。気になるのは、こうしたなかで、世論調査でも、撃ち落とすべしという意見が大勢だったことです。考えてみれば、何かしらのものが、日本に向かってやってくるというのなら、撃ち落とすという反応はある種当然でしょうが。もともと、世論調査の質問の意図もよくわからない。なんとなく、撃ち落とすということだけが一人歩きしたような印象があります。
 問題を、緻密に、冷静に議論されることが不足しているということが気になるのです。最初から。私自身、今回の北朝鮮の行動は、正しいとは決して思っていませんが、たとえば、本当に北朝鮮の行為が安保理決議に違反しているとまでいえたのかどうかも、ほんとうはもっと慎重な議論が必要であったような気もしますよね。そして、迎撃の体制づくり。

 だいたい本気がことにあたろうとしているのなら、首相も、防衛大臣も、打ち上げられてきた、役所にやってくるというのもおかしな、緊張感のない話ですよね。PAC3は秋田などと、首都圏の三カ所に設置されましたが、これはどう考えても国民の安全を考えての配置ではないでしょう。せいぜい守れるのは基地の周辺だけ。迎撃の体制の目的は決して国民の安全にあるわけではないということも透けて見えます。むしろ、一大デモンストレーションのような感じで、世論操作がされたというのが、ふつう考えれば出てくる答えだということなのでしょうか。

 どんなふうに考えればいいのかなあ。そうすれば説得力があるのかなあ、などといろいろ考えますが。まずは、冷静で、緻密な議論が必要なのでしょうね。

 今日はよる、NHKスペシャルのプロジェクト・ジャパン「アジアの”一等国”」を見る。そういえば、台湾の植民地支配のことは、ほんとうによく知らないし、知られていない。続いて、ETV特集の「もう一つのシベリア抑留 韓国朝鮮人捕虜の60年」も途中から見る。これは、かなり衝撃をうけた。
 アニメの「スカイ・クロラ」を見る。これもまた残酷…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 『国際共同研究 韓国併合と現代』のシンポジウム | トップページ | スカイ・クロラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44579604

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 「ミサイル」発射狂騒:

« 『国際共同研究 韓国併合と現代』のシンポジウム | トップページ | スカイ・クロラ »