« 2冊目?の「つくる会」の教科書?! | トップページ | 久しぶりの出張です(グアム協定のことなど) »

2009/04/09

七生養護学校金崎元校長事件、勝訴

 先日の日の丸・君が代の被処分者の裁判は完敗でしたけれど、「ここから」に続いて、金崎裁判の2審も完勝です。うれしいニュースです。

都立七生養護学校元校長、2審も勝訴(日刊スポーツ)

 性教育の在り方が東京都議会で問題視された都立七生養護学校(現・七生特別支援学校)の元校長金崎満さん(61)が、別の理由で降格などの懲戒処分を受けたのは不当として、都教育委員会に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は9日、処分を取り消した1審判決を支持、都の控訴を棄却した。
 大谷禎男裁判長は1審同様「処分理由とされた不適正な学級編成の事実は認められず、処分は裁量権を乱用し違法」と指摘した。処分と性教育との関係については判断を示さなかった。
 判決によると、金崎さんは2003年9月、七生養護学校の学級数を水増し報告し教員を多く配置させたなどとして、都教委から降格と停職1カ月の懲戒処分を受けた。
 七生養護学校は、性器の付いた人形を使うなどした独自の性教育を実践。視察の際に非難した都議と都に対し、教員らが慰謝料などを求めた訴訟で東京地裁は3月、教育への不当介入を認める判決を言い渡している。

 この問題は、たんに思想や信条の自由という問題にとどまらない、教育の自由という、教育のありようそのものを問いかけた問題です。言い換えれば、子どもの権利とか、子どもの発達という問題を、社会がどのように考えるかという、現代社会のあり方そのものを問いかけた問題でもあると思います。教育という、子どもと教員の人間的な営みを、子どもの発達という視点にたって、大人の責任を果たすことを問いかけているのでしょう。

 ちなみに全教の杉浦障害児教育部長の談話はこれ

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 2冊目?の「つくる会」の教科書?! | トップページ | 久しぶりの出張です(グアム協定のことなど) »

コメント

この問題は2審で決着がついたのでしょうか
控訴するという話があるのでしょうか

投稿: つぶやき | 2009/04/13 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44621372

この記事へのトラックバック一覧です: 七生養護学校金崎元校長事件、勝訴:

« 2冊目?の「つくる会」の教科書?! | トップページ | 久しぶりの出張です(グアム協定のことなど) »