« 沖縄に行ってみて1 | トップページ | 沖縄に行ってみて2 »

2009/04/13

少女の涙…

 とても憤りを強く感じるニュースだった。

カルデロンさん、比に帰国の両親見送り 悲しみこらえる(朝日新聞)

 国外退去処分が確定した埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)とサラさん(38)夫妻が13日、成田空港から帰国した。両親と離れ、日本に残ることを決断した中学2年生の長女のり子さん(13)が、悲しみをこらえて見送った。
 夫妻は92~93年、出稼ぎのため、それぞれ他人名義のパスポートで不法入国。日本で結婚し、のり子さんが生まれた。06年にサラさんの逮捕をきっかけに国外退去処分となり、08年9月に最高裁で処分が確定した。その後、改めて在留特別許可を求めていた。偽造旅券で入国した経緯から、法務省は両親の在留を認めなかった。のり子さんについては「日本で勉強を続けたい」という希望と近親による養育環境を確認し、在留を許可した。 …

 子どもの権利条約は、安心で安全な人間関係のなかで、受けとめられながら成長することができる権利があることにその核心がある。今回の処分は、どう考えても、その子どもの権利条約を踏みにじるものではないのか。人権規約も、家族に介入することを禁じている。これにも違反する。「秩序」という名で、人間の尊厳にもとづく人権を平気で踏みにじるこの事態は、むしろ法治国家といしてのあり方そのものが問われると思う。
 少女の涙は、悲しい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 沖縄に行ってみて1 | トップページ | 沖縄に行ってみて2 »

コメント

子供だけ置いてったのは親じゃないですか。一番腹が立つのはあの親だよ。法律以前に人として何か間違ってるよあのフィリピン人は

投稿: daw | 2009/04/14 00:51

先日はコメントに反応していただきありがとうございました。

ところでこの件に関してですが、どうしても家族が離れたくないのなら、一家でフィリピンに帰るという選択肢を選ぶべきだったのではないでしょうか。
 
言葉の問題を主張していましたが、フィリピンで仕事をしている日本人もいるはずで、そのご家族がすべて現地の言葉で話しているとは思えません。
例えば事情を話し日本人学校に通わせてもらうなどして両国の架け橋になることもできたと思うのですが。

この一家を悲劇的に扱うメディアがあまりにも多いことに疑問を感じます。
親戚がいなければ娘さんも帰国するしかなかったのですから彼女は恵まれているのです。
本来なら5年は入国できないはずのご両親の面会も認めるという温情措置に感謝すべきだと思います。

同じようなケースは多々あり、その度に特例として扱っていたら何のための法律かわかりません。
入国法そのものを変えることから考える必要があるのではないでしょうか。

投稿: y | 2009/04/20 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44663045

この記事へのトラックバック一覧です: 少女の涙…:

« 沖縄に行ってみて1 | トップページ | 沖縄に行ってみて2 »