« 名ばかり店長訴訟が和解 マック側1千万円支払いへ | トップページ | 結婚24年になるのですが »

2009/03/19

入りたいのに入れない!保育所ホットライン

 今日(もう昨日ですね)、職場で、こんなことを聞きました。
 地域で、お母さんたちと、子どもたちが集まっていると、あるお母さんから声をかけられたそうです。そのお母さんは、子どもをあずかってもらえるところがなくて困っているということなのだそうです。コンビニでパートの仕事をしているが、保育所に入れずに、家に鍵をかけて幼児2人に留守番をさせているというのです。1日6時間もです。
 ご承知のように都市部では、待機児が増大し、保育所に入るのが困難になっています。しかし、この経済危機のもと、働かざるをえないお母さんたちも増大しています。そうしたなかで、行き場のない子どもたちはどうなっているのでしょうか。これはかなり深刻で、すぐにも対策が必要な問題となっているのです。子どもの生存=命と発達にかかわる問題です。
 そんなことを聞いたとき、全国保育団体連絡会から次のような連絡が入りました。

 私たち全国保育団体連絡会は、よりよい保育の実現を目指して毎年夏に開催する全国保育団体合同研究集会を母体にし、保育者や園長・保護者・研究者が集う都道府県団体と全国団体とで構成する全国組織です。私たちはこの間、保育所不足が深刻化する中で、通常の活動に加え、保育所の新増設を求めて活動してきました。不況の影響もあり、この4月からの保育所入所にあたっては、全国各地で申込みが殺到しており、各地で入所できない待機児童が膨大に発生することが予想されています。国・自治体も含めて、社会全体としてこうした状況を真摯に受け止め、早急な手だてと抜本的な保育所増設をすすめなければ、子どもや子育てをする家族がより困難な状況に追いやられることになると心配しています。残念ながら、この深刻な実態がまだまだ社会的にも明らかにされているとは言い難い状況にあります。
 そこで、添付チラシ「hoiku.pdf」をダウンロードのような「入りたいのに入れない!保育所ホットライン」活動を行うことになりました。相談には、保育園園長などが手分けしてあたります。
 ここで明らかになった、実態や保護者の生の声をまとめ、行政はもとより広く社会にアピールして、笑顔で子育てができる環境を整えるきっけかにしたいと考えています。ぜひ、活動の趣旨をご理解いただき、事前にこの取り組みを多くのみなさまに告知いただきたく、お願い申し上げます。

ホームページでも紹介・対応します(3月19日より)
http://www.hoiku-zenhoren.org/
お問い合わせ先 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北3-36-20
電話03-3339-3901 FAX03-3310-2535
なにとぞ、ご高配をたまわりますよう、お願い申し上げます。

 大事なとりくみです。ぜひ、広めていただければと思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 名ばかり店長訴訟が和解 マック側1千万円支払いへ | トップページ | 結婚24年になるのですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44393953

この記事へのトラックバック一覧です: 入りたいのに入れない!保育所ホットライン:

» ★小沢一郎最後の戦い!★ [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★小沢一郎最後の戦い!★不退転の覚悟を決めた今後の決戦。官僚支配体制を打ち崩す最 [続きを読む]

受信: 2009/03/21 00:39

« 名ばかり店長訴訟が和解 マック側1千万円支払いへ | トップページ | 結婚24年になるのですが »