« あなたの知らない貧困 | トップページ | 「今の政治、大いに不満」6割 朝日新聞世論調査 »

2009/03/17

三鷹高校の土肥校長の話

 ブログのコメントでyさんという方から、三鷹高校の卒業式の様子をいただきました。このコメントは、とても大事だと思うので、ぜひみなさんにも読んでいただければと思います。

 ボク個人としては、土肥校長の主張にすべて賛成しているわけではありません。先日の支援集会でおこなった世取山さんの問題提起は、全面的に賛成するものなのですが、でも、土肥校長の主張の大切さには同時に共感もしています。実は、土肥さんの主張や実践の最大の確信は、学校という場で、生徒と教師たちの関係をどう大事にするのかという問題だと思うからです。

 ボクの友人に、三鷹高校の保護者もいます。父母はやっぱり、子どもを思いながら、その思いを学校との関係では、十分共有できないもどかしさや、ときとして思いをおしつぶされるようなしんどさを感じでいます。ここに、いまの教育のしんどさがあります。だから彼女は支援のためにとてもがんばっています。今日の、NEWS23でも、この学校の、この校長の思いが特集されていましたね。都教委のやり方の本質は、こうした教師と生徒や父母の関係を壊すことにあるとも思います。
 だから、もう1度よく考えなければならないことがある。ボクのつれあいも含めて、東京の教師や学校職員は、とても、しんどいなかで仕事をしています。そのなかで、一番大切にすべきことはなになのかと。
 三鷹のたたかいは、今度は司法の場をつかってのたたかいとして続きそうです(校長の臨時職員としての理由を問う)。ともに考えていきたいものです。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« あなたの知らない貧困 | トップページ | 「今の政治、大いに不満」6割 朝日新聞世論調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44382833

この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹高校の土肥校長の話:

« あなたの知らない貧困 | トップページ | 「今の政治、大いに不満」6割 朝日新聞世論調査 »