« 貧困研究会 日弁連「生活保護法改正案」の狙い | トップページ | 吉岡吉典さん、逝く »

2009/03/01

1919年三・一独立運動90周年記念のつどい

 昨夜、つれ合いがケガをしたと、大騒ぎで帰ってきた。学習会のあと、飲んで帰るとき階段から落ちたとか。せっかく「ファン・ジニ」を見ていたのに、結局、病院までつき合うことになった。なんとか、大丈夫そうだということで、家に帰って、寝たわけだけれども、今度は、深夜、ボクの胃がキリキリ。結局、あまり寝れなかったような…。トホホの二月の終わりであったような。

20090301142853 今日は、3月1日。1919年の3・1運動から90年となる。この3・1独立宣言の原型は、日本で同年2月8日に、在日留学生の手でつくられた宣言にあるという。今日の表題の集会は、その宣言がつくられた場所でおこなわれた。この集会場は何度かきたことがあったけれども、こうした歴史的背景は、恥ずかしい話だけれども、あまりよく知らなかった。このYMCAセンターには、2・8独立宣言記念資料室などもあるそうだ。

20090301140148 集会は前半、韓国舞踊。金順子さんという方の舞踊団の出演。まず太平舞という伝統的なもの。「国の平安と太平」を祈っての舞で、優雅、うつくしかった。2曲目は、創作もので、パンソリ風の曲にのっての舞で、3・1の死者を悼みながら、まるでその”恨”をうけとめるかのようなものだった。3曲目は、一転して、あかるいエネルギッシュな、太鼓の舞。3・1運動は祭りと言われるが、そういう踊りだった。
 韓国舞踊を見るのははじめてだったので、とても貴重な時間だった。

20090301144051 後半は、パネルディスカッション。趙景達さん、緒方靖夫さん、畑田重夫さんをパネリストに、「3・1運動の実態と歴史的意義」「アジア諸国民との歴史認識の共有」「歴史の教訓を学び発展させる」という3つの角度から、報告と質疑応答があった。
 ボク的には趙さんの話がおもしろかった。3・1の宣言をおこなった知識人は、むしろ農民や学生を蔑視していて、3・1の運動そのものは、農民のあいだで、かなり自発的におこったという話。その後、日本は武断政治から、文化政治に転換し、そのなかで、3・1や2・8を主導した知識人たちは、日本の軍部にとりこまれていくという歴史が展開するそうだ。韓国ナショナリズムというものの特徴、農民と知識人との関係など興味深い話で、日本との差異なども考えさせられる。韓国の近代史などあまり勉強したことのない分野なので、ものすごく興味をもった次第なのである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 貧困研究会 日弁連「生活保護法改正案」の狙い | トップページ | 吉岡吉典さん、逝く »

コメント

3.1のこと なかなか記憶にとどめられなくなっています。先ほど、インターネットで韓国で3.1の講演会に招かれていた元共産党議員の吉岡氏が急死されたという。残念なことです。

投稿: すずめちゃん | 2009/03/02 15:49

韓国にとって特別な意味を持つ日(独立運動記念日)であり、日本にとっても特別な意味を持つ日(ビキニデー)ですね。

韓国好きの私にとっても非常に特別な意味を持つ日になりました。

投稿: ☆のまほう | 2009/03/02 23:28

昨日私の方はかみさんの花粉症からくる呼吸障害で夜中に病院まで付き合いました。この季節はなかなか大変です。

投稿: おおつる | 2009/03/03 12:33

 それはたいへんでしたね。私も花粉症ですが、侮れないですね。

投稿: YOU→おおつる | 2009/03/06 00:04

 いま、『朝鮮王妃殺害と日本人』という在日の研究者の方が書いた本を読んでいます。これ、面白いですよ。

投稿: YOU→☆のまほう | 2009/03/06 00:05

 吉岡さんは、とてもお世話にもなったし、何度か飲みにも連れて行ってもらったので、かなりショックでへこんでいます。

投稿: YOU→すずめちゃん | 2009/03/06 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/44216236

この記事へのトラックバック一覧です: 1919年三・一独立運動90周年記念のつどい:

« 貧困研究会 日弁連「生活保護法改正案」の狙い | トップページ | 吉岡吉典さん、逝く »