« 苦しみは家族のなかに沈殿する | トップページ | 小林多喜二―21世紀にどう読むか »

2009/02/04

障害児教育を考える

S1110 茂木先生の一年前の著作。最近、講演を聞く機会があり、ちょっと読んでみようと思って、読んだ。去年、勝ったときにはちゃんと読めていなかったような感じ。
 久しぶりに、発達という問題について考えさせられた。階層というタテ軸と、豊かさというヨコ軸。その発達への隠された願いをどう見つめ、よりそい、働きかけるのか。そして特別支援教育の可能性と限界というものを、実践――、「子どもに尋ねる気持ちになること」「子どもに学ぶこと」です。とくに教室で日々、彼らと接する教師は、自らの感受性を高め、想像力に磨きをかけることによって、子どもの発信するサインをしっかり受け止め、読み取ることによって、初めて困難な溝を越えていきうる――にもふれながら明らかにする。
 この制度がはじまって、矛盾を深める。しかし、発表された学習指導要領の案は、よりそのことを拡大しようとしているとも感じる。そして、格差と貧困の広がり、自立支援法のもとで、ますます発達は困難にさらされている。

 学校とは教育とは何なのか、そんなことも真正面から考えさせられた一冊だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 苦しみは家族のなかに沈殿する | トップページ | 小林多喜二―21世紀にどう読むか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/43958296

この記事へのトラックバック一覧です: 障害児教育を考える:

« 苦しみは家族のなかに沈殿する | トップページ | 小林多喜二―21世紀にどう読むか »